【夢占い】傘が盗まれる夢の意味は?傘が壊れる夢の意味についても解説します




貴方はどんな傘を使っていますか?

私は天気予報を見ないので、家から傘を持っていく習慣が無くいつもビニール傘を買ってしまいます。

お気に入りの傘があれば、憂鬱な雨の日もご機嫌に過ごせるかもしれませんね。

今回はそんな傘がシンボルとなって出てくる夢の意味について解説します。

夢占いとして、傘はどんなメッセージを送ってくれているのでしょうか。

持っていた傘が飛ぶ夢、傘が盗まれる夢、壊れる夢、さらに大きい傘が出てくる夢についても解説します。

傘が出てくる夢を見た私の体験談もご紹介しますので、最後まで楽しんで下さい。




夢の中で傘がシンボルとなって現している事

傘が現すのは他人との関係性の変化、特に男女間での変化の訪れです。

どちらかというとトラブルが伴う変化である場合が多いのですが、雨から身を守るために傘を差すように、貴方の対応次第ではそのトラブルは回避することができそうです

また、関係性の変化に伴い貴方の自己認識にも変化が現れそうです。

傘がどのようなシチュエーションで登場するかによって様々な解釈ができる夢ですので、以下の解釈を参考にしてください。




傘が飛ぶ夢の意味

傘が飛ぶ夢は何か新しい出来事がやってくるメッセージです。

また、その出来事には責任というキーワードが伴います。

例えば仕事のプロジェクトリーダーやPTAの役員など、先頭に立たなければならないポジションに抜擢されるでしょう。

最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、スタートすると意外と力を発揮することができ、自分でもこれまで気がつかなかった新しい才能が開花しそうです。

そしてこの出来事が貴方の自信へと繋がり、今後の生き方に大きなヒントを与えてくれるでしょう。

これまで経験してこなかったポジションかもしれませんが、ぜひ前向きに取り組んでみてください。

傘が盗まれる夢の意味

この夢は貴方の心の中に「この人だ」と決めた運命の人が存在していることを現しています。

しかし貴方自身はそのことにまだ気がついていないようです。

周りの友人から指摘されて、はっとすることが起こるでしょう。

もし恋人がいながらもこの夢を見た場合は、パートナー以上に惹かれる人物の出現が考えられます。

貴方はその事に薄々気がついていながら、認めたくないという心理状態にあるようです。

ダメだと思えば思うほど思いは募るもの。

その人をよく知ると、恋という感情とは違うことに気がつくかもしれません。

遠ざけるのでは無く、近ずいて観察するつもりで接してみて下さい。

冷静な行動をとるように夢がメッセージを送っています。

傘が壊れる夢の意味

傘が壊れる夢は、恋人や夫婦間にすれ違いが生じる暗示です。

そしてその原因はお互いの勘違いにあるようです。

周りの余計なお節介や、噂話に振り回されて、最初は小さな掛け違いが生じるのですが、気がつくと取り返しのつかない大きな問題に発展することを夢が警告しています。

修復不可能になる可能性もありますので、この時期にすれ違いが生じたら早いうちに解決するように心がけて下さい

日頃からコミュニケーションを丁寧に取ることがトラブル回避のポイントです。

私が子供の頃は、友人とのコミュニケーションツールとして交換日記が流行っていました。

今は、多忙でなかなか会えない恋人同士や夫婦でも書く人が多いようですね。

そんな交換日記をテーマとした小説があります。

改めてコミュニケーションの大切さと難しさを感じ、側にいる人をもっと大切にしたいという気持ちになる作品です。

是非手にとってみて下さい。

芸人交換日記 イエローハーツの物語 [ 鈴木おさむ ]

created by Rinker
¥565 (2020/09/27 01:45:01時点 楽天市場調べ-詳細)

大きい傘が出てくる夢の意味

大きい傘が出てくる夢は、貴方の自己肯定感が低くなっているサインです。

失恋や友人との喧嘩などで、自分に自信を無くしていませんか?

もしくは仕事でミスが続いたり、子育てがうまくいっていないのかもしれません。

いずれにしても自分にとって失敗と認識される出来事を経験したのではないでしょうか?

その事により少し過敏になっているようです。

イメージとしては、小雨なのに台風が来るかのように大げさな備えをしているような情況です。

貴方が感じている失敗はほんの些細な事であるにも関わらず、自分で自分を追い詰めてしまっている状況がみて取れます。

貴方は少し真面目すぎるのかもしれませんね。

もう少し肩の力を抜いて生きるようにしてみませんか?

大きい傘が出てくる夢を見た私の体験談

私はある日夢の中でとてつもなく大きい傘が出てくる夢を見ました。

私は出勤途中で、バスから降りたら雨が降っていたので傘を差したのですが、その傘が通常の3倍くらいに大きい傘だったのです。

その傘はとても重たく、持つのも負担だったのですが、両手でしっかり握りしめて歯を食いしばって歩いている光景でした。

私はその時期、仕事であるミスをしていました。

ブライダルプランナーとして働いていた私は、お客様の披露宴を翌日に控えたある日、芳名帳(ゲストの方がお名前を書く名簿です)を発注し忘れていた事に気がついたのです。

通常であれば芳名帳は在庫としてホテルに保管してあるベーシックなものを使用するのですが、そのお客様はとてもお洒落な方で、ペーパーアイテムも一つ一つ丁寧に選ばれいらっしゃったのです。

私はすぐにご新婦様にお電話をしお詫びしました。

ご新婦様はホテルにあるものを使わせてもらえればそれで良いと優しく言って下さったのですが、一生に一度の披露宴ではどんな些細なトラブルも起こしてはいけないというのが私の信念でした。

そして今回のミスによって、私はブライダルプランナーをする資格がないとまで思いつめ退職を考えていたのです。

今となって振り返ってみれば、考えすぎだと思うのですが、その時は大きなショックを受けこうして夢にまでその心理状態が表現されてしまいました。

今も忘れられない夢の1つです。

最後に

大きな傘が出てくる夢は、必要以上に自分を守ろうとしている心理状態の現れと解釈することもできます。

夢にシンボルが現れた時は、そのシンボルが現実世界で何の役割を担っているかをヒントに解釈するとスムーズです。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

<合わせて読みたい>

こんにちは。 雨の中で車を運転する夢は珍しくない状況なので、あっさりと忘れてしまうかもしれません。 雨が降るのも車を運転...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする