【夢占い】指輪や宝石をもらう夢の意味は?壊れる・拾う意味についても解説!




指輪は特に女性にとっては特別な意味を持つアクセサリーだと思います。

大切な人とのペアリングや、婚約指輪・結婚指輪など、宝石そのものはもちろん、そこから連想される幸福がその価値をぐっと高めているのではないでしょうか?

今回はそんな指輪が夢の中でシンボルとなって現す意味を解説します。

指輪をもらう夢、拾う夢、また指輪が壊れる夢など実際に指輪の出てくる夢を見た私の体験談も含めてご紹介します。

夢占いをする時に、指輪をどのように解釈すれば良いのか夢の背景も含めて一緒に見て行きましょう。




夢の中で指輪がシンボルとなって現している事

指輪が現すのは貴方の恋愛運です。

冒頭にお伝えした通り、指輪は単なる装飾品ではなく、そこから連想される幸福感やトキメキと合体し、よりその煌めきが増しているアクセサリーなのです。

その為指輪は夢の中で様々な恋にまつわるメッセージを与えてくれています。

シンプルに指輪が現れるだけの夢であれば恋愛運はアップするものと捉えて良いのですが、中には残念なメッセージも含まれていますので以下を参考にご自身の夢と照らし合わせて見て下さい。

<合わせて読みたい>

片思いのあの人に振り向いてほしい、恋人と上手くいかない… 恋愛の悩みというのは尽きないものですよね。 上手くいかない理由...




宝石がついた指輪が出てくる夢の意味

キラキラした宝石がついた指輪は、その煌めきで貴方に警告を与えています。

それは強敵なライバルの出現

貴方でさえも目を奪われるような魅力的な女性が現れ、翻弄される暗示です。

またその女性は貴方を陥れる為、様々な罠を仕掛けてきそう。

肝心の貴方は上手く交わすことができず、まんまと相手の思い通りに動いてしまうでしょう。

こんな時は客観的にアドバイスをくれる第三者の協力が必要不可欠。

貴方の恋の相関図を冷静に見つめてくれる友人をそばに起き、自分がどう動くべきか相談するようにして下さい。

指輪が壊れる夢の意味

もし貴方が持っている指輪が壊れたらどんな気持ちになりますか?

輪っかになったものが割れたり歪んだり、あるいは突然宝石がポロリと外れたりすると何だか不吉な予感を持つ人も少なくないと思います。

この夢もまさにその事をメッセージしているのです。

日本には虫の知らせという言葉がありますが、指輪が壊れる夢は貴方の恋が壊れる予言。

残念なことにこの予言を回避することは難しそうです。

ジタバタするのではなく、心静かに過ごしましょう。

この失恋を上手に乗り越えることができれば、今後の貴方の魅力も高まるはずなので、その為の試練と思って乗り越えて下さい。

指輪をもらう夢の意味

指輪をもらう夢は貴方とパートナーの間に気持ちのすれ違いが生じていることを暗示しています。

貴方の気持ちが大きすぎて相手の負担になっているかもしれません。

正に夢の中で指輪をもらったように、そろそろ相手がプロポーズしてくれるのではないか?という期待と焦りが貴方の心の中にあるのではありませんか?

そういった過剰な期待は、残念ながら空回りとなり、パートナーは面倒くさいと感じている恐れがあります。

そんな貴方に求められるのは古来の日本人女性が持っていた奥ゆかしさです。

自分が先を行くのではなく、上手に男性に頼り男性の自尊心を大切にできる女性になって下さい。

幸福への近道は急がば回れです。

この言葉の意味がピンとこないという貴方は、こちらの本を参考にしてみて下さい。

きっとより愛される女性になれるでしょう。

男と女のLOVE心理学 「恋愛」から「結婚」まで自在にコントロール【電子書籍】[ 神岡真司 ]

created by Rinker
¥1,019 (2020/09/30 12:07:24時点 楽天市場調べ-詳細)

指輪を拾う夢の意味

指輪を拾う夢は、貴方と恋人の関係性がぐっと深まる出来事の到来を示しています。

恋人でも夫婦でも、日常生活の中で相手に対する感謝を忘れてしまいがちですよね。

大好きな人が自分と一緒にいてくれるという奇跡に慣れてくるのです。

しかし、この夢を見たら間も無くパートナーの存在価値を改めて感じることとなります。

例えば病気をして懸命に看病してくれたり、災害にあって家族の大切さを見にしみたり、雨降って地固まるという出来事があるでしょう。

指輪を準備して買うのではなく、拾うという突発的でさりげない出来事がその事を暗示しています。

指輪を拾う夢を見た私の体験談

4年ほど前に、私は指輪を拾う夢を見ました。

仕事で疲れてクタクタになって自宅に帰り、玄関の鍵を開けようとしたらポストの下にキラッと光る指輪を見つけ拾い上げるという内容でした。

宝石は付いていないゴールドのシンプルなリングだったのですが、私は誰か他の人のものだろうと思いながら預かるつもりで家に持ち帰ったのです。

そしてその夢を見て23日後に私は強い腹痛を覚え病院へ行ったところ、虫垂炎と診断され緊急手術、入院することになりました。

その時初めて手術をした私は手術には必ず血の繋がった家族の同意が必要であることを知りました。

また、入院中に家族や看護師から沢山の看護をされ、肉親の大切さを改めて感じたのです。

もしこのまま独り身だったら、大病をした時はどうなるのだろうという不安を感じました。

実はその時私はある男性と不倫関係にありました。

結婚自体に興味がなかったので、このまま楽しい関係を続けていければいいと思っていたのですが、この入院の経験が私の考えを変えました。

きちんと自分のパートナーとなる人を見つけなくてはと思い、彼にそのことを伝え別れる決意をしたのです。

ところが彼は私の思いを真摯に受け止め自分もけじめをつけたいと離婚し、その半年後私たちは籍を入れました。

その選択が決して正しいものとは思いませんが、夢の中でさえ指輪を拾った時「だれか他の人のものだろう」と思ってしまった私の心が救われた気がして、幸せを感じずにはいられなかったのです。

最後に

指輪というキラキラしたアイテムの夢でしたが、その背景によっては注意が必要な夢が多かったですね。

特に女性の皆さんが、この夢をきっかけに幸せをつかめることをお祈りしています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする