【夢占い】目玉・眼球の意味23選!取れる、取る、手術するなど体験談を交えて解説




自分や誰かの眼球が取れる夢や手術する夢を見ると、ちょっと気持ち悪いですよね。

また傷がついたり見えなくなったりと、視覚に関する異常は恐怖を伴います。

かなりグロテスクな夢に感じますが、どんなことを暗示しているのでしょうか。

本日は夢に目玉や眼球が取れる、取る夢を見たときの夢占いとして、意味や暗示について、体験談を交えてお話します。




夢のシンボルとしての眼球・目玉

夢に出てくる目玉・眼球は、吉夢・凶夢のどちらにもなります。

意味するキーワードは、「他者からの評判」「ひらめき」「人間関係のトラブル」「価値観」などがあります。

マンガやアニメなどでキュピーン!と光る目や、たくさんの目がこちらを見る姿をイメージすると分かりやすいですね。

また意外にも「内臓系の疾患」を暗示することがあります。

目と内臓?と、あまり関係なく思えますが、身体がしっかりと伝えてくれていますのでキャッチできるようにしましょう。

目隠しされたり、血が出ていたりと、様々な異常な状況も考えられます。

夢に現れた目玉や眼球の状態と、それが誰のものなのかをよく思い出して、以下お読みいただけると幸いです。



目玉・眼球が取れる、取る夢の意味とは?

夢であなたが見た、取れた目玉や眼球は、どのような状態のものでしたか?

その状態によって解釈が変わってきますので、よく思い出してみてください。

光る、輝く目玉・眼球

光っていた、輝いていたのであれば、閃きや開運、スポットライトが当たることなどを意味します。

これから起こる未来のことを暗示し、創作・表現活動を行なっている人にとっては吉夢となります。

あなたがアーティストであれば、近いうちに素晴らしい作品が生まれるかもしれませんね。

私も随分昔ですが音楽活動をしていたので、できればその頃見たかったなぁと思います。

色のついた目玉・眼球

色のついた目は、人間関係や身体的なトラブルを表します。

人間関係は難しいとともにストレスが溜まるものですから、できればトラブルは避けたいですね。

何か心当たりがある方は、ご自分の行動を改めてみるのも良いかもしれません。

きつい印象の目玉・眼球

きつい目、は非難や誹謗中傷を示しています。

他者からの批判の目が向けられること、あなたが周囲に対してそういった考えを持っていることに対しての警告となります。

自分の意思を貫くべき状況であれば自信を持って良いと解釈できますが、そうでなければ少し行動を変えてみたほうが良いかもしれません。

私もあなたもきっとそうだと思いますが、意味もなく誰かを批判することなどあり得ませんものね。

ただれている、状態のおかしい目玉・眼球

目がただれている、状態がおかしいのは、内臓系の身体の不調、特に肝臓の疾患を表します。割と強めのシンボルです。

身近なものだとお酒に関して、心当たりのあることはありませんか?

他人の目玉・眼球がこのような状態であった場合は、その人の健康状態を暗示しています。

今日会うことがあれば、気にかけてあげると良いかもしれませんね。

白目

白目はあなた自身の見落とし、圧倒的な欠落を表します。

仕事で気づかなかった見落としがありませんか?

今日出勤したら、大騒ぎになっているかもしれません…

脅かすわけではありませんが、覚悟を決める準備ができるだけでも良かったと思ってください。

またはあなた自身の持つ、圧倒的な欠落です。

言葉の重みにびっくりしてしまいますよね。

あなた自身が気づいていない(もしくは既に心当たりがあるかもしれませんが)足りない何かを表します。

それは空気が読めないとか、気づかずひどいことを言ってしまっているなど、他人への気遣いのなさなどかもしれません。

目を食べる夢の意味とは?

目を食べている場合、「美味しい」と感じているかが重要です。

少し気味が悪いですね。

美味しいと感じている場合、あなた自身がパワーを充電していることを表します。

最近疲れていませんか?

でも安心してください。いずれまた活力がみなぎってくるよ、と夢が教えてくれています。

反対に美味しいと感じていない場合、不摂生や食生活の改善を警告しています。

コンビニの弁当やジャンクフードばかりでなく、野菜を食べたり、一日3食しっかり食べるようにしましょうね。

目玉・眼球を手術する夢の意味とは?

目玉・眼球を手術する夢を見た場合、どんな意味があるのでしょうか。

目玉や眼球を手術するのは、現在のあなたの判断力や注意力が散漫であることを暗示します。

精神的な弱点、課題であることを夢が教えてくれているのです。

集中してよく見る際に使用する目玉・眼球を、良い方向へ治す、というイメージですね。

目の前の課題をそっちのけにして、いろんなことに興味が出ていませんか?

まずはやるべきことをやりましょう。

また日常的に車を運転される方は、事故に注意しましょう。

<合わせて読みたい>

夢の中に医者や手術のイメージが出てくるのは、あまり気分が良くありませんよね。 病気や痛みと言ったネガティブな印象を誰でも持つと思います...

この夢は直近の未来だけではなく、あなたの本質的な問題も示してくれています。

昔から注意力が散漫だったり、長時間座っていられないなど、心当たりがありませんか?

近い将来苦労することになる前に、意識して改善したほうがいいかもしれません。

かくいう私も同様の夢を見た日、脇見運転でヒヤリとしたことがあります。

偉そうなことは言えませんね。

そんな私も、今ではメリハリをつけて集中力が発揮できていると実感できるようになりました。

以下の本を読み、書いてあることを実践した。それだけです。

当たり前のことも書いてありますが、それが出来ていない人が大半です。

逆に言えば、この本の通りのことを実行すれば、目玉・眼球を手術する夢を見るようなことはなくなるでしょう。

自分を操る超集中力 [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker
¥1,210 (2020/09/27 10:46:19時点 楽天市場調べ-詳細)

目薬をさす夢の意味とは?

目薬をさす夢は、手術の夢と近い意味で、現在のあなたの判断力や注意力が散漫であることを暗示します。

イメージ的には、手術より程度の軽い暗示と捉えてもらえれば良いかと思います。

試験や大事な仕事が控えている方、ケアレスミスなどには気をつけましょうね。

一度見直すことをするだけで、圧倒的な時間のロスを防ぐことができますよ。

目が腫れる・できものができる夢の意味とは?

目が腫れたり、できものができてしまうのは、あなたの判断を鈍らせたり計画を阻む邪魔者の存在を暗示します。

目の上のたんこぶ、という慣用句がありますが、そのイメージの通りです。

それは人物かもしれませんし、あなた自身の身体に関すること(体調不良など)かもしれませんし、環境かもしれません。

いずれにせよ、今上手く言っている計画があったとしても、その方向修正は余儀なくされるでしょう。

今のうちに別のプランを練っておくことも、視野に入れてみてください。

目にゴミ・虫が入る夢の意味とは?

目にゴミや虫が入ってしまう夢も、目が腫れる夢と似ていますが、あなたの判断や計画の一時停止を暗示します。

現実でも、目が一時的に見えなくなってしまうと、その場に止まって取り除かなければいけませんよね。

現実でそうなってしまったとしても、焦らず騒がず、まずは状況を把握することです。

きっとあなたならそんな冷静な判断ができますよ。

目を洗う夢の意味とは?

目を洗う夢は、あなたの物の見方や価値観が変わることを意味します。

それは衝撃的な出来事かもしれませんし、たまたま読んだ本の一節かもしれません。

いずれにせよ、近々あなたがこれまでの人生で初めて出会うようなものとの出会いが待っています。

あまり極端な解釈はせずに、これまでの人生観と照らし合わせながら、じっくり納得して吸収することをオススメします。

目玉・眼球に傷が付く夢の意味とは?

自分の目玉や眼球に傷が付くのは、スランプや悪循環に陥っている状況を暗示します。

ひらめきが鈍っている、あるいは大事なことが見えていない・見る能力が低下している、とイメージできますよね。

仕事やスポーツで、うまく成績が伸びない状況に苛立ったりしていませんか?

「昔は難なくできたのに…」などと落胆していたりしませんでしょうか。

行き詰まった時には決まって言われる「初心に立ち返る」ですが、意外とできないものです。

それは視点が凝り固まっているからかもしれません。

例えば全くその道に詳しくない人に相談してみる、など、様々な視点で問題解決にとりかかってみてはいかがでしょうか?

目が見えない・目が開かない・目が悪くなる夢の意味とは?

目が見えない・目が開かない・目が悪くなる夢は、2通りの解釈ができます。

1つめは、あなたが誰かに対するコミュニケーションを放棄していることに対する警告です。

例えば、どうも気が合わない友達からのLINEを無視していたり、小言をいわれるからと母親と接触を避けていたりしませんでしょうか。

この夢は、そんな状況を続けると、あなたの視界も閉ざされてしまい、あなたにとって不利な状況に陥ってしまいますよ、という警告です。

放棄するのではなく、打開するのです。あなたが歩み寄れば、きっとうまくいきますよ。

2つ目は、飽きです。

あなたは何らかのジャンルで今、新たに何かを探すことを諦めているのでしょう。

もうこれ以上続けても仕方ない、とか、もう辞めてしまおうかという心理状況だと見受けられます。

この夢はそんな状況に対して警告は出していません。

ただただあなたの状況を表しているだけです。

言い方を変えれば、自分で考えなさい、ということです。

この先どうするべきか、総合的に判断するようにしましょう。

その際にひとりで決める必要はありません。

気のおける仲間や、家族に相談してみるのもアリですよ。

誰かと目が合う夢の意味とは?

誰かと目が合う夢は、その相手とのコミュニケーションに課題があることを表します。

例えば職場の上司と目が合う夢を見たのであれば、あなたはその上司とのコミュニケーションがイマイチである、ということです。

「イマイチって…具体的にどうしたら良いの?」と思ったあなた、大丈夫。

その課題は、目があった相手の目が、この記事の前項「目玉・眼球が取れる、取る夢の意味とは?」の中で解説しているどの状態だったか、でわかりますよ。

例えば、目があった上司の目が光り輝いていた場合。

光っていた、輝いていた目は「閃きや開運、スポットライトが当たることを意味しますから、「上司に注目・期待されているけれど、報告のタイミングが遅い」などのコミュニケーション課題が想像できますね。

少し難しく感じるかも知れませんが、この夢はあなたへの警告ですから、必ず心当たりがあるはずです。

夢の内容をよく思い出してみてください。

きっとあなたのためになるヒントが見つかりますよ。

たくさんの目玉・眼球の夢の意味とは?

たくさんの目玉・眼球は、あなたへの注目が集まっていることを意味します。

そのままのイメージですよね。

ただ、これは良い意味でも悪い意味でも受け取れます。

今あなたが取り組んでいること、誰かの期待を背負ってやっていることに対して、「気を抜くなよ!」と夢が警告してくれているのかも知れませんね。

目隠しされる夢の意味とは?

自分で目を瞑るのではなく、誰かに目隠しされているのは、運気の停滞を暗示します。

外的要因で視覚が奪われてしまうことから、あなた自身が不自由になるというイメージです。

運気を上げるにはどうしたら良いかって、悩むと思います。

この夢を見てしまったら、風水的な解決策を探るのも良いですね。

普段窓を開ける習慣がないのであれば、換気するだけでも気の流れはよくなります。

部屋の模様替えや掃除をするだけでも、運気は変わるものです。

難しいことではなくて、身の回りの簡単なことから始めてみましょう。

目玉・眼球から血が出る夢の意味とは?

この夢を見てしまい悪いイメージを持ったかも知れませんが、逆です。

今後あなたの運気は上昇し、社会的な成功を手に入れるでしょう。

血とは、負ってしまった傷を治すために流れるものです。

血が流れた後には、今負っている傷は消え、新しい状況が待っていますよ。

なお基本的には、流れる血は激しければ激しいほど吉夢です。

目が大きくなる・小さくなる夢の意味とは?

自分の目の大きさが変わるのは、そのイメージの通り、あなた自身の視野の広さの変化を表します。

目が大きくなったのであれば、視野が広がることを暗示します。

例えば、仕事に慣れ始め、部下やプロジェクトの細部まで目が行き届くようになったりしてきた、という実感がありませんか?

そんな時はブレイクスルーのタイミングであったりします。

あなたの仕事観がガラッと変わったり、大きな昇格のチャンスが転がっていたりしますよ!

反対に目が小さくなったのであれば、視野が狭い状態であることを暗示します。

よくも悪くも今取り組んでいることに夢中になって、周りが見えていなかったりしませんか?

いやでも一度手を止めてみて、周りや全体を俯瞰してみましょう。

実はもっとやるべきこと、やった方が良いことが見つかるかもしれませんよ。

目がひとつしかない夢の意味とは?

目がひとつしかないのは、先入観を表します。

目が一つしかない人を見るなら、あなたは誰かに悪い先入観をもたれています。

例えば、「本当は真面目なのに、チャラい人だと思われている」とか、「そんなこと言ってないのに、悪口を言ったと思われている」など。

早急に誤解を解く必要があります。

その先入観がなんなのかがわかっていれば良いですが、見当もつかない場合、その人との会話を増やしてみることがオススメです。

「意外と〇〇なんだね」などと言われて、「あ〜夢の暗示はこれだったのか」と気付く、なんてこともよくありますからね。

あなた自身の目が一つしかない場合、誰か・何かのことを先入観を持ってみていることを表します。

「あの人にこの仕事をお願いするのは無理だな」とか、「あいつと遊んでも楽しくないから誘うのやめよう」など、一度覆してみたら、案外新しい発見があるかもしれませんよ!

第三の目がひらく夢の意味とは?

第三の目が開く夢は、そのイメージ通り、インスピレーションの高まりを暗示します。

あなたがミュージシャンや画家などのアーティストだった場合、大変な吉夢です。

おめでとうございます。

人生を揺るがすようなとんでもないアイデアが生まれてくる可能性が高いです。

近々、あなたのこれまでの活動の集大成が完成するでしょう。

私もバンドを組んで音楽活動をしていた時期がありましたが、その時にこの夢を是非みてみたかったです。笑

目眩(めまい)がする・目が回る夢の意味とは?

めまいや目が回る夢の意味は、あなたの行動や言動に芯が通っていないことを警告しています。

昨日と言ってることが180度違ったり、もうお酒は飲まない!と宣言したそばから飲み出したりしていませんか?

いずれの場合も信頼を大きく失い、いずれは周りに人がいなくなってしまいますよ、と警告してくれています。

「根拠のない発言はしない」「できない約束はしない」など、少し気をつけて見るようにしたいですね。

目やにの夢の意味とは?

目脂(目やに)がでる夢の意味は、あなた自身の既に破棄された価値観を表します。

「残業はするほど評価される」「家族より仕事の方が人生において大事」など、これまで持っていた価値観を、あなたは手放した、ということです。

基本的に吉夢なので、心配することはありませんよ。

最近私の周りや相談者にも、この夢をみたという人が多いです。

きっと、コロナ以降在宅ワークなどが推し進められ、働き方改革が加速したこともあるのでしょうね。

夢の中で目が覚める夢の意味とは?

夢の中で目が覚めるのは、不摂生・生活リズムの乱れ・ストレスを表します。

誰かに肩を叩かれたり揺さぶられて、無理やり起きなければいけない状況は、それがさらに強力なものであるということです。

心配事や頭の中を埋め尽くすような考え事など、心が休まらない状況も表しています。

一度どこか遠くへ出かけてみたりしてリフレッシュしましょう。

海をぼーっとみているだけでも、心は休まるようにできています。

眼鏡・コンタクトをつける夢の意味とは?

眼鏡やコンタクトをつける夢を見たら、貴方が目先のことに囚われてしまっている証拠

目先のことを見せるためにかけるメガネなのに、不思議ですよね。

もう少し長期的なスパンで物事を考える力を身に付けるべきでしょう。

同時に自己中心的で、客観性に欠けるクセもあるようです。

<合わせて読みたい>

メガネをかけている人、最近ではだいぶん少なくなったと思いませんか? コンタクトレンズの普及で、外出先ではメガネをかけないという人も多い...

動物の目が出てくる夢の意味とは?

動物の目が印象的な夢は、本能的な部分を優先して生活していることへの警告です。

人間以外の動物は、何よりそうして暮らしています。

「簡単に一夜の関係を持ってしまう」「朝眠いから遅刻してしまう」「惰性で間食をしてしまう」などが考えられますね。

今一度、人間らしい生活というのを考えてみましょう。

人間にしかない秩序の中で、社会は回っています。

あなたはそこに含まれる人間のはずです。

意思を強く持って、人間らしく生きてみましょう。

目玉・眼球を取る夢を見た体験談

あるとき目玉・眼球についての夢をみた友人から相談をされました。

彼は当時大病を患っておりました(現在は完治しており、元気に過ごしています)が、治療の経過は快調でした。

そんな中、ショッキングな夢を見たそうです。

自分の眼球が取れて、受け止めた手のひらにはドロドロと溶けかけた目玉があり、非常に気分悪く目覚めた、とのことでした。

いつまでもそのことが頭から離れず気持ち悪い、と聞いた私は、病床でそんな気持ちになるなんて、とかわいそうに思い、夢の詳細を聞き真剣に夢占いをしました。

夢占いの結果を伝えましたが、彼の病気は肝臓には全く関係ないものでしたし、入院中でお酒も飲めない状況なのに肝臓なんて、今回は外れだね、なんて会話をしたのを覚えています。

少しでも友人の気を紛らわすことができたことで嬉しく思い、私もそれっきりで特に意識せず過ごしていました。

しかし数日後、肝臓の血液検査で若干の異常値が検出され、外出の予定がキャンセルになったと連絡がありました。

結局肝臓には問題ないことがわかりホッとしましたが、私も友人も後日顔を見合わせて驚いたと同時に、夢占いの効果を改めて確信した出来事でした。

最後に

目玉や眼球は日常生活ではモノとして意識しないものですので、夢に見ると印象に残りやすいかもしれません。

印象に残りやすいということは、身体や霊的ななにかが敢えて伝えたいことがあるから、見せてくれる夢なのだと思います。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。