【夢占い】医者から診察や手術を受ける夢の意味は?注射・薬・怒る意味も解説します




夢の中に医者や手術のイメージが出てくるのは、あまり気分が良くありませんよね。

病気や痛みと言ったネガティブな印象を誰でも持つと思います。

今日は医者から手術・診察・診断・注射されたり薬を処方される、怒る夢の意味を、体験談とともにお話します。

あまり嬉しくない夢かもしれませんが、シチュエーション別に解説していきますので、夢占いからしっかりとメッセージを受け取って生活に生かして下さい。



夢占いのシンボルとして医者が表すメッセージとは

私たちが現実世界でお医者さんと対面するのは、自分や近しい人が病気になった時ですよね。

夢の中でお医者さんが現れた時、受け取るべきメッセージは2つです。

1つ目は貴方自身の体の不調

そしてもう1つは、これから多忙になり体を酷使することとなる暗示です。

心理学の世界では、夢というのは無意識からの手紙と言われています。

あなた自身はまだ意識できていないかもしれませんが、体からのSOSのサインだと受け止め、人間ドックを受けたり、休暇を取るなどして体を労わる機会を設けて下さい。

そうすれば、これから来るであろう忙しさにも安心して立ち向かえますよね。

医者から診察を受ける夢の持つ意味は?診断内容がメッセージを表しています

診察を受けて、その診断を聞いている状況は、ストレートにそのまま貴方の今後について診察されていると受け止めて下さい。

そしてその診断内容は、これからの貴方へのアドバイスを表しています。

まず、診察されている状況ですが、何科であるかというのが重要です。

眼科や産婦人科であれば、新たな出逢いや恋の予感など吉兆ですが、それ以外は全て悪い事がやってくる暗示や注意喚起ですので気をつけて下さい。

例えば歯科の場合は心が不安定になっている現れですし、耳鼻科は注意散漫なせいで大きな失敗をしてしまうことを暗示しています。

そして診断内容ですが、夢の中でお医者さんに言われたセリフは、そのままあなたの実生活での注意点やアドバイスとして受け止めると効果的です。

比喩として発せられている言葉もあるはずなので、解釈には十分に時間をかけて検討しましょう。

自分の感性が試される夢ですが、向き合う時間は貴方にとって必要な時間です。



医者から手術を受ける夢が持つ意味とは

まずは現実世界で考えてみてください。

手術をする状況というのは非常に辛いですよね。

誰でも不安な気持ちになるでしょう。

しかし、誰かに代わってもらうことはできません。

その手術は自分の体で受けなければ無意味ですよね。

この夢が伝えたいメッセージは正にそのままです。

残念ながら貴方に手術のようなあまり面白くない出来事が迫っています

そしてそれはどうやら避けられそうにありません。

貴方自身が乗り越えるしか無い出来事です。

手術と同じで、後回しにしたり、回避してしまうと余計に辛い状態になってしまうことも暗示しています。

勇気が必要だと思いますが、頑張って向き合ってみましょう。

私もやるべきことを後回しにしがちな性格で、期限ギリギリにならないとやる気が起きないことがほとんどでした。

しかし今では、発生したタスクは溜まりこむことなく、サクサクとこなせるようになりました。

タスク管理についての勉強・実践を繰り返すことで、自分にあった方法を見つけたからです。

個人差はありますが、以下に私が読んだ本のうち入門編に最適なものを一つ載せておきますので、一度目を通してみてください。

あなたの日々がタスク消化で埋まることなく、クリエイティブなものになることを願っています。

マンガでわかる!幼稚園児でもできた!!タスク管理超入門【電子書籍】[ 岡野純 ]

created by Rinker
¥550 (2021/01/21 14:24:02時点 楽天市場調べ-詳細)

医者から注射をされる夢が持つ意味とは

夢占いの中で注射が表すのは貴方の反発心です。

そしてその反発心は誰かに与えられている強い影響によって生まれた感情です。

考えやすいのは上司や親など、貴方より上の立場にある人から、何か逃れられない影響を受けていませんか?

強い言葉を使うと、パワーハラスメントやモラルハラスメントがそれに当たります。

また、こんな解釈もできます。

医者から注射されるということですが、医者が表しているのは

貴方自身の体調不良や多忙になる暗示でしたよね?

注射は反発心の他に、自分を守ろうとしている自己防衛本能を表しているとも言われています。

忙しい毎日から身を守ることに精一杯になって、身動きが取れない状況になっていませんか?

どちらにしても今辛い状況にいる貴方に伝えたいメッセージは、現実世界の注射の痛みがチクっとした一瞬で終わるように、あともう少しの辛抱でこの状況は脱出できそうだと言うことです。

医者から薬をもらう夢が持つ意味とは

夢の中で薬が表現しているのは貴方にまもなくトラブルが降りかかりますというものです。

そもそも医者というシンボル自体が体の不調といったトラブルを表していましたよね?

ただ今回のテーマのように、そこに薬をもらうという要素が加わると形勢逆転し、そのトラブルに打ち勝つことができるというメッセージです。

この夢を見た貴方はちょっと強気に進んでみても良いかもしれませんね。

医者が怒る夢が持つ意味

医者に怒られる夢は、貴方に方向転換する必要性を訴えています。

このまま進んでしまうと、取り返しのつかない状況に陥ってしまいそうです。

お医者さんが出てくる様々なシチュエーションを解説してきましたが、怒られる状況があった人は特に注意が必要です。

体の疲れ、不穏な状況、悩み事がある人は早急に現状を見直す必要がありそうです。

医者から診察を受ける夢を見た体験談!私が診断内容から受け取ったメッセージとは?

私は歯医者を受診する夢をよく見ます。

歯医者の受診は心の不安定さを暗示しているので、あまり良くありませんよね。

パターンは大体決まっていて、硬くて丸いものを無理やり噛み砕こうとして、歯が欠けてしまい歯医者に行くという内容です。

そして歯医者に行くと、治療は受けられずに「歯はこのままにしておくので、次回から噛み方を工夫して下さい」というよくわからない診察をされて帰るのです。

普通なら治療せずに帰るなんてことあり得ませんが、夢の中ではこういったつじつまが合わない事が起こりませんか?

夢から受け取るべきメッセージは、姿を変えて送られてくるものがほとんどですので、こういった時こそ深い考察が必要です。

私は歯科医からの診断を「自分で乗り越えて下さい。このまま放っておていも大丈夫です、でも同じことを繰り返さないで。」というメッセージと捉えました。

この夢は、大抵自分が言ってしまった事で、誰かを傷つけてしまったのでは無いかと悩んでいる時に出現します。

自分でも少し気にしすぎだと思うのですが、職場でチームを任されている私は、指導を含めてチームメンバーに厳しい発言をすることも多く、その度に反省するということの繰り返しでした。

でも自分が思っているほど、自分の言葉は相手に対して影響力を持っていないものですよね。

治療を受けられないということを、放っておいても大丈夫と捉えることで自分の中に安心感が生まれました。

この解釈が正解かどうかはわかりませんが、夢と向き合う時間そのものが自分にとって癒しの効果があったと実感しています。

最後に

医者や医師にかかることは、いいイメージを持たない方も多いのではないでしょうか。

そこには病気や体調不良という前提があるからです。

そしてこの記事で解説したように、直近の出来事としてネガティブな暗示が込められていることが多々あります。

しかし、医者や医師というシンボルを、回復するための分岐点と捉えてみてはどうでしょう。

辛い治療や手術を乗り越えた先には、元気なあなたが待っていますよ。

決して落胆するだけでなく、その先に希望があるということを忘れないでください。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする