【夢占い】靴を買う、探す、濡れる夢の意味とは?体験談を交えて解説




日常生活に欠かせず、ほぼ毎日履いているであろう靴ですが、夢の中で靴を履いているか意識したことはあるでしょうか?

なんとなくぼんやりとしていて、別のところに意識が向いているかもしれませんね。

そんな靴が夢のシンボルとなった時、それはどのような意味を表しているのでしょうか。

今回は、靴を買う、探す、濡れる、盗まれるといった靴がテーマの夢の意味をそれぞれ解説して参ります。



夢のシンボルとしての靴

夢に出て来る靴は、社会的地位を表しています。

現実世界においても、「オシャレは足元から」「いい靴を履けばいい場所へ連れて行ってくれる」という上品な格言があるように、靴がおしゃれやビジネスの場において非常に重要なアイテムである事がわかります。

この認識が潜在意識に残り、夢の中で社会的地位を表す際に靴として登場するのです。

それぞれの夢のパターンの他に、靴の色やサイズは合っていたか、磨かれているのか汚れているのかによってその意味合いは変化します。



靴を買う夢の意味

靴を買う夢の意味は、新しい一歩を暗示しています。

あなたには間も無く、仕事の昇進や移動の話、はたまた友人に交流の輪を広げる場への誘いなど、可能性を広げる出来事が訪れるかもしれません。

新しい靴を買うことは、その出来事の訪れを示唆していると共に、一歩踏み出すための準備も表しています。

もし買う予定の靴の色を覚えていたら、色別の意味も確認してみましょう。

赤い靴は、主に恋愛運の上昇を暗示しています。

合コンや出会いの誘いに乗ると素敵な人と巡り会えるかもしれません。

青・黒・灰色は仕事運が上がります。困難な仕事にもチャレンジしてみると良い結果が出ることも。

黄・金色は金運・買い物運が上昇します。欲しいと思っていた物は後悔なく買えたり、臨時収入が期待できるでしょう。

もちろん、色を覚えておらずとも吉夢であることには変わりありません。

靴を探す夢の意味

靴を探す夢の意味は、あなたが選択を迷っていることを表しています。

その選択は主に仕事に関係する事柄で、昇進・移動・転職など立場が変わることを恐れていたり、自分の力不足を感じており自身を持てないのでしょう。

悩みすぎてストレスを抱えてしまったり、ズルズルと選択を先延ばしにした結果トラブルを招いてしまう可能性もあります。

一人で決められなければ、家族や友人などに相談してみるのも手です。

話すだけでだいぶ楽になることもありますので、深く悩みすぎないように注意しましょう。

そうは言っても、人に本心を打ち明けるのはなかなか勇気のいることですよね。

そんな方は、本を読んで見ることをおすすめします。

本には、その作者の経験が凝縮されています。同じ悩みを持つ人がどのように解決したのかを数時間の読書で学ぶことが出来るのです。

特に、仕事で悩んでいる人にオススメの本はこちらです。

仕事も人間関係も「もう嫌だ!」と思ったときに読む本〜心の凹みと悩みとストレスに効く、心の疲労回復薬〜【電子書籍】[ 親川琴葉 ]

created by Rinker
¥601 (2021/01/15 23:54:29時点 楽天市場調べ-詳細)

靴が盗まれる夢の体験談

靴が盗まれる夢は凶夢で、社会的地位や立場の不安定・崩壊を暗示しています。

自分では解決できない問題や、思わぬトラブルに見舞われる可能性があります。

仕事の計画や周りの人物との関係で気になる点がないか、注意深く観察してみてください。

また、清濁併せ吞む心を持つようにすると、困難な時に助けてもらえるでしょう。

運気も全体的に下降気味ですので、あまり目立った行動はせずしばらく大人しく過ごすのが無難です。

靴が濡れる夢の意味

靴が濡れる夢の意味は、社会的立場や地位が脅かされることを予期しています。

靴が盗まれる夢が地位の不安定・崩壊であったことに対して、濡れる夢は誰かから悪意を持って貶められる可能性を表しているのです。

身近な人物の中に、あなたの現在の立場を疎ましく思う人がいるのでしょう。

もしその人物が判るのであれば、これからの接し方を変えてみてはいかがでしょうか。

ひょっとするとあなたのことを誤解しているだけかもしれません。

また、自分の言動には注意を払いましょう。

言葉は受け手によって刺さり方や捉え方が変わります。

何気ない一言で揚げ足を取られたり、敵に回してしまう可能性もあり得るのです。

新しい靴を買う夢の体験談

医療研究施設に勤務する男性の体験談です。

彼は高校・大学と女性の少ない場だったため、なかなか異性と交流する機会を得られないまま郊外の研究施設に就職が決まりました。

朝は満員電車とは反対方向のガラガラな電車に揺られ、郊外の研究施設へと向かいます。

研究施設では一人黙々と作業し、たまの休憩時間には男性の同僚とたわいのない会話をし、仕事が終わると再びガラガラの電車に揺られ家に帰る日々。

不満はなくとも、刺激もない毎日だと感じていました。

そんな日が続くある時、ガラガラの車両に同年代くらいの女性が乗っていたのです。

車内の人は毎日同じだったため、その女性が妙に気になったそう。

その日から、毎日女性と電車で遭遇するようになりました。

最初は、新しい人が増えたなという程度の認識でしたが、いつしか話したこともない女性に恋心を抱いていることに気づきます。

しかし、女性経験の乏しい彼は、どうこうしようという気などありませんでした。

ただ女性を見守る日々が続きますが、ある夜、その女性に真っ赤なヒールの靴をプレゼントする夢を見たそうです。

科学的な根拠のないことは信じない彼でしたが、なんとなく夢占いでその意味を調べてみると、「新しい一歩」「恋愛運の上昇」ということが判明します。

夢占いに後押しされ勇気をもらいますが、いざ彼女に話しかけるとなると尻込みしてしまいました。

やはり諦めようと思った時、彼女の靴が目に入ります。

なんと、夢で見た赤いヒール靴を履いていたのです。

運命を感じた彼は、ついに彼女に声をかけることに。

実は彼女の方も気になっていたようで、二人は無事友人となることが出来たそうです。

最後に

靴の夢というのは、なかなか印象に残らないかもしれません。

しかし、社会的地位に対することを暗示している重要なシンボルです。

吉夢でも凶夢でも、その夢の意味を理解することでうまく立ち回れるようになれるはず。

どのようなシチュエーションでどんな靴だったのかに注意して、夢からのメッセージをしっかりと受け取りましょうね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする