【夢占い】猫が死ぬ夢の意味とは?生き返る場合も解説




こんにちは。

猫が死ぬ夢を見ると、ペットでも野良猫だったとしても、なんだか悲しい気持ちになりますよね。

そして生き返る夢だった場合、何か特別な暗示があるのではないか?と勘ぐってしまうと思います。

猫ってなんだか神秘的なイメージがありますもんね。

実は猫が死ぬ、そして生き返る夢には、しっかりとした意味があります。

今日は意味、暗示、体験談を交えて、猫が死ぬ夢・生き返る夢についてお話していきます。



夢のシンボルとしての猫・死ぬこと

夢のシンボルとしての猫が意味するキーワードは「招くもの」です。

招き猫がイメージする通りですね。

しかし、その「招くもの」には、良いことも悪いことも含まれます。

かつ、猫はシンボルとしてはかなり強い暗示を含むものとなります。

猫の状態に注目してください。

汚れていたり、怪我をしている・血を流している場合、悪いことを意味します。

重大な疾患や、人間関係の問題、大きなトラブルが表面化するでしょう。

前述した通り、猫は強いシンボルです。

ほぼ間違いなく何かしらの災難があなたのそばにあります。

驚かすつもりはありませんが、事実として受け止め、現実で対応していきましょう。

一方で綺麗な猫、かわいい猫は、良いものを表します。

あなたを取り巻く人間関係が急激に良くなったり、金銭的な問題が解決したり、素敵な異性との巡り合わせがあるかもしれません。

また、夢の中で死ぬことについて、意味するキーワードは「リセット」や「再起」となります。

夢に見たら驚くかと思いますが、決して悪いシンボルではありません。

輪廻転生という言葉があるように、死の先には新たな生が存在します。

新しい出発や、仕切り直し、など、前向きな意味にも捉えられるものです。

比較的頻繁に現れるものですので、困惑する必要はありませんよ。

さて、そんなシンボルである猫が死ぬ場合、そして生き返る場合は、どのような意味があるのでしょうか。

次項以降で解説します。



猫が死ぬ夢の意味とは?

猫が死ぬ夢は、前項のシンボルとしての猫で解説した内容が立ち消えることを意味します。

汚かったり怪我をしていて元気がない猫が死ぬ場合、あなたのそばにあるトラブル・問題や疾患は、表面化することなく消えていくでしょう。

それは自然にかもしれませんし、誰かの働きがあってのことかもしれません。

心当たりがあれば、裏で動いてくれたであろう人に感謝する準備を始めても良いかもしれませんね。

あの人いつも良くしてくれるな~なんて人はいませんか?

そんなあなたのために尽くしてくれる、決して裏切ってはならない素晴らしい人の存在も暗示しています。

ただ、汚れた猫が死ぬことなく夢に居続けた場合、やはり大きな災難は現れます。

無意識の場合は仕方ありませんが、何か心当たりがあるのであれば、芽を摘むよう努力をしましょう。

例えば意識していない身体の不具合があるかもしれません。

人間ドックや健康診断など、最近やってないな~と思うのであれば、これを機に是非病院に行ってみてください。

夢が強い警告を出してくれています。

綺麗なかわいい猫が死ぬ場合、人間関係や金銭面での良いチャンスを逃してしまうことを暗示します。

合コンのお誘いにダブルブッキングしてしまったり、買い損ねた株が高騰したりするかもしれません。

残念ですが、もともとなかったものですから、今回は割り切って諦めて、次のチャンスは逃さないよう前向きに考えましょう。

チャンスは香りに寄ってくる、とも言います。

香水をつけて運気アップを試みてみてはいかがでしょうか。

シャネル CHANEL チャンスオータンドゥル EDT 50ml

created by Rinker

猫が死ぬ夢、生き返る夢の意味とは?

一度死んでしまった猫が生き返る夢を見た場合は、死ぬ前の猫が表していた暗示が生き返った猫の形で表面化することを暗示します。

例えば綺麗な猫が死んで、汚い猫として生き返った場合には、良いことが立ち消えて悪いことが表面化します。

出会いの可能性があった飲み会に誘われたけど別の予定があって断ってしまったことで、人数が合わなくてうまくいかず、怒った友達との関係が悪化してしまった、などが想像できます。

生き返った猫は、単に現れる猫よりさらに強いメッセージを秘めています。

人間関係や身体的なことに特に注意するようにしてください。

猫が死ぬ夢、生き返る夢を見た体験談

私が大学生の頃、バンド活動をしていた時にみた夢です。

私が歩いている道の脇の道端を、所々泥のついた野良猫が同じ方向に歩いていました。

並走する形でしばらく歩いているのですが、ふと目を離すといなくなっています。

あれ?と思い振り返ると、その猫が目を閉じて倒れており、私はなぜか一瞬で「あ、死んだのか」と悟ります。

特に何の感情も湧かず、私はそのまま元々歩いていた方向へ歩き出しました。

何かは忘れてしまったのですが、用事を済ませた私は元来た道を帰りました。

すると先ほど死んだ猫の場所に、綺麗な猫(おそらく飼い猫)がいて、私はすぐにさっきの猫が生き返ったのだと悟ります。

その猫の横をまた何の感情もなく歩いて帰る、という不思議な夢でした。

数日後に割と有名なバンドのライブに、たまたま前座で出させてもらう機会がありました。

気合も入っていて準備は万端だったのですが、当日高熱を伴う風邪をひいてしまい、ステージ上での記憶がほとんどありませんでした。

個人的には、ダメダメだったな~メンバーにも悪いことしたな~と思いながら、出番が終わるとすぐにかろうじて帰りました。

風邪が治ったらしっかりと謝ろうと思っていたのですが、後日その割と有名なバンドが当日の私たちの演奏を非常に気に入ってくれて、その後仲良くさせてもらった、という出来事がありました。

あの猫は私が高熱を出すことを暗示していて、生き返った猫は演奏を気に入ってくれたことを暗示していたのだな、と、後になって気づいた出来事でした。

最後に

猫は夢占いの中でも強力なシンボルです。

今後のあなたの人生を左右するかもしれない出来事を暗示していることがあります。

かといって運命的に決まってしまっている訳ではなく、あえて夢を通してあなたに警告してくれている場合がほとんどです。

その意味をしっかりと汲み取り、現実に反映できるようにすれば、きっと素敵な日々を過ごすことができますよ。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする