【夢占い】崖から落ちる夢の意味は?よじ登る、落ちる人を助ける夢も解説します




から落ちると聞くだけで足元がズーンとする様な嫌な感じがしませんか?

車で崖ギリギリの道を通ったり、崖から滑り落ちた人の体験談を聞いたりするとそれだけで手に汗握ってしまいます。

今回はそんな危険な崖がシンボルとなって出てくる夢の意味について解説します、

崖をよじ登る夢や、崖から落ちる人を助ける夢など、実際に崖が出てくる夢を見た私の体験談についてもご紹介します。

ハラハラドキドキの夢占いを楽しんでください。




夢の中で崖がシンボルとなって現している事

崖が現しているのはギリギリのライン

貴方が成功と失敗の境界線に立っている状況を表現しています。

危機な状況とも言えますが、貴方次第ではそれを乗り越え成功を手にすることも出来る可能性を秘めています。

どんな状況で崖が夢に出てきたか、その背景も含めて解釈していきましょう。




崖から落ちる夢の意味

崖から落ちる夢はあまり良い夢とは言えません

この夢が現すのは環境の変化です。

転居や転勤といった場所の変化や、心変わりが予想されます。

そしてその原因は貴方以外の外的な要素によるものです。

配偶者の転勤に伴う引越しや、恋人の心変わりによる別れなど自分ではどうしようもできない変化が訪れそう。

しかし崖というキーワードが現す様にそれをストレスとしてしまうか、転機にするかは貴方次第です

変化に柔軟に対応できる、嫋やかな気持ちを忘れないで下さい。

崖をよじ登る夢の意味

貴方には今、明確な目標があるのではありませんか?

この夢は信じた道を進んで成功することを暗示しています。

夢を達成するまではこの道であっているのかどうか、大きな不安がつきものです。

でも自信を持って進んで下さい。

この夢を見る人は崖から落ちても諦めない強靭な精神の持ち主です

その力を発揮すれば必ず夢を掴み取ることができるでしょう。

崖から落ちた人を助ける夢の意味

この夢は貴方の中に他人に対する愛情がしっかり育っている証拠です。

そしてその愛をきっかけとして、人生が大きく花開くかどうかの境目に居ます

というのも、この夢は自分のキャパシティを超えた出来事に対して貴方自身が助けを求めている夢の場合もあるからです。

愛情表現は様々ですが、貴方はなんでも自分が引き受ける事を愛だと思っている様子。

時にはノーと言うことが相手の為になる場合もあります。

その選別を間違えると自分が苦しむことになり、関係性も発展していきませんので慎重な対応を心がけて下さい。

崖から車が落ちる夢の意味

夢の中に現れる車は貴方自身の分身と捉えて下さい。

その車が崖から落ちるということは、今貴方に危機が訪れているという事。

特に健康面について注意が必要と言えるでしょう。

日頃から体のメンテナンスは行なっていますか?

このまま放置するのか、なんらかのケアをするのかは貴方次第ですが、その行動により結果が変わってくるのは明白な事実です。

まさにどちらに転ぶかボーダーライン上に貴方はいます。

もし貴方がまだまだ自分の健康管理について関心が薄い様でしたらこの機会にこの本に目を通してみると良いでしょう。

食生活や生活スタイルによってどれくらいのダメージが体に与えられるのか、エビデンスに元ずくエピソードがわかりやすく解説されています。

私もこの本を読んでから、運動はもちろんのこと口にする物を慎重に吟味するようになりました。

日本人の9割が誤解している糖質制限 (ベスト新書) [ 牧田善二 ]

created by Rinker
¥915 (2020/09/29 15:36:21時点 楽天市場調べ-詳細)

<合わせて読みたい>

こんにちは。 車が夢に出てくる意味、気になりますよね。 私は幼少期より夢をはっきりと覚えている体質で、夢の内容と...

崖から落ちる夢を見た私の体験談

私は高所恐怖症なのですが、夢の中でそれはそれは高い崖から落ちてしまいました。

いつも使っている通勤路を駆け足で職場へ向かっていると、突然目の前の道路が崩れ落ち、その先はまさに断崖絶壁となりました。

駆け足だった私はスピードを調整することができず、そのまま下まで真っ逆さまに落ちてしまったのです。

突然の出来事に呆然としているところで目が覚めました。

そしてこれと同じような出来事が私に降りかかってきたのです。

もちろん目の前に崖が現れたわけではなく、私が10年以上通勤していた会社が事務所移転となり、これまで20分とかからなかった通勤時間が大幅に伸びることになったのです。

私にとって通勤時間程無駄だと感じる時間は無いのです。

その為就職活動をするときも立地条件を第一に考えました。

マンションを購入しているので引っ越すわけにも行かず、泣く泣く遠くなった事務所へ通勤する毎日が始まったのです。

しかし私は家と事務所が離れてしまったのであれば、その通勤路に仕事を作ってしまえば良いと発想を転換し、飛び込み営業を開始しました。

そして会社からの帰り道に営業しながら家を目指す事にしたのです。

すると、新規開拓により業績は伸び、直帰することができるようになった為結果として家に着く時間も早くなりました。

最初は最悪だと感じていた環境の変化も、工夫次第だと学べた出来事でした。

どんな時も工夫をするのは大切ですね。

最後に

私の体験談のように、落ちるというような胸騒ぎのする夢を見た後は注意が必要です。

実際に何らかのアクシデントに見舞われる可能性が高いので、どんとこい!というようなどっしりした気持ちでいることが大切でしょう。

どんな時も夢を味方につけられる様、これからも一緒に訓練していきましょうね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする