【夢占い】宗教に勧誘される夢の意味は?洗脳、儀式、追われる夢も解説します




日本では宗教の自由が認められているので、誰でも何を信仰するかは自由ですよね。

本来宗教とは心の支えや、その人の豊かな人格形成に関わる崇高なものです。

しかし、一部の心無い人が宗教を利用し悪を働いた事で、洗脳されるとか怪しい儀式があるなどのイメージがついてしまいました。

今回はそんな宗教が夢の中でシンボルとなり現す意味を解説します。

宗教の勧誘や、宗教に追われる夢など、実際に宗教の出てくる夢を見た体験談と共に夢占いしていきます。

ご自身が見た夢と照らし合わせて、夢からのメッセージを受け取って下さい。




夢の中で宗教がシンボルとなり現す意味

宗教についての夢は、救済と受容という2つのキーワードで解釈されます。

救済というのは貴方が苦しみから救われたい、逃れたいという心情や、誰かをそこから助け出したいという愛情までが含まれます。

また、受容というのは喜びや悲しみも含め、貴方が人生経験を積んでいく暗示の場合が多いでしょう。

いずれにしても夢の背景を含めて解釈する必要がありますので、以下を参考にして下さい。




宗教の勧誘を受ける夢の意味

この夢は貴方の逃避したいという心情を反映した夢です。

貴方はとても我慢強いところがあるのではないでしょうか?

というのも、逃げる事を悪い事だと思い真面目に生きている人が見る夢だからです。

勧誘を受けるというのは、能動的な行為ではなく受動的な行為です。

何かにすがりたいと思いながら、自分からはできないので誰かが強引にでもそうさせてくれたらいいのにという心情を見ることができます。

裏を返せば自分からは逃避できないタイプの人であるということ。

一度勇気を出して逃げたりサボったりしてみて下さい。

貴方が思っているほど大したことではありませんよ。

宗教の儀式を受ける夢の意味

この夢は変化を厳粛に受け止めようと葛藤している貴方の心情を表しています。

ここで言う変化とはライフステージを指します。

子供だった自分が社会人となり、結婚して親となる。

また、自分の親は歳をとり老いて行くという時間の流れは誰も抗うことができません。

このような抗うことのできない変化は私たちの思う以上にストレスとなっているのです。

でも貴方はこういった時間の流れを精一杯受け止めようとしています。

最前を尽くしていると解釈して良いでしょう。

自分を信じてその変化を受け入れて下さい。

洗脳される夢の意味

洗脳される夢は貴方の不安な気持ちの現れです。

その根底にあるのは、誰かに騙されるのではないかという強い人間不信。

過去のトラウマがあるのかもしれません。

洗脳という強烈なインパクトを持つシーンが出てくる訳ですから、貴方の苦しみもそれに比例して大きいはず。

その苦しみと向き合い貴方が救われるべきタイミングを示しているのかもしれません。

変わりたいという気持ちがあるのであれば、勇気を出して行動しましょう。

本気でトラウマを解消したいあなたへ [ 藤原ちえこ ]

created by Rinker
¥1,760 (2021/01/16 13:58:14時点 楽天市場調べ-詳細)

宗教に追われる夢の意味

宗教に追われるというと抽象的ですが、勧誘する訳でも、なんらかの儀式に参加するわけでもなく、宗教の事で頭がいっぱいというような状況の夢と解釈して下さい。

これは貴方自身ではなく、貴方の周りに救いを求める人がいることの暗示です。

自分自身でコントロールすることができず、誰かに助けを求める人のオーラというのは強固で、他人に負のパワーを与えてしまいます。

貴方にもそのパワーが向けられているようなので、なんとなく体が重かったり頭の中が混乱したりと、悪い影響を感じていませんか?

これはもらい事故のようなものなので、なんらかの手段で浄化することが必要です。

私は盛り塩にセージの葉を乗せて燃やしていました。

ミントのような香りで気持ちがリフレッシュされますよ。

LUCAS サンダルウッド(白檀)&エクストラ・ホワイトセージヨガ・瞑想用 お香(インセンス)10個入り日本製・香料不使用

created by Rinker
¥1,980 (2021/01/16 00:56:09時点 楽天市場調べ-詳細)

宗教の儀式を受ける夢を見た私の体験談

私はどちらかというと宗教には無頓着で、自分の家の宗派も正確に理解していません。

しかし夢の中で宗教の儀式を受ける夢を見ました。

夢の中では大きな大仏様の前で家族全員が寝転び、頭の方で誰かが何かを燃やしてお祓いのような事をしていました。

そして年長者である父から順番に、その部屋の中から退出して行くという内容でした。

実はこの夢を見て、すぐにピンとくるものがありました。

この時期私は親の老いて行く姿に戸惑いを感じていたのです。

いつも頼りにしていた両親が、目が見えにくくなり、耳も遠くなりなんだか弱々しくなって行く光景は受け入れ難いものがありました。

夢の中に家族全員が登場していることから、そういった家庭の中での葛藤が反映されています。

夢の中で年の順に退場して行く光景は、私に抗えない時間の流れは、受け入れて飲み込むしか無いのだという覚悟を与えてくれたと思います。

最後に

宗教の夢は、重たいメッセージが多かったですね。

しかし救済や受容という言葉は私たちにとって癒しを与えてくれるキーワードでもあります。

皆さんも夢からのメッセージを活かし、より良い自分を手に入れて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする