【夢占い】タトゥーを夫・妻・彼氏・彼女が入れる夢の意味とは?手首・腕・足・首など部位も解説




貴方はタトゥーにどんなイメージを持っていますか?

日本ではタトゥーを入れると温泉に入れなかったり、プールに行けなかったり、色々と制限される場面もありますよね。

文化的な背景から偏見があるのも事実ですが、それでもファッションとして楽しむ人も増えてきているようです。

タトゥーを入れる場所も腕や首など、人から見える場所に大きく入れる人もいれば、手首や足にさりげなく入れている人も居て様々です。

もし夫がある日突然タトゥーを入れたいと言い出したら、妻の立場としてはどうするでしょうか?

あるいは彼女の体にタトゥーが入っているのを見てしまったら?

彼氏が自分の名前を掘りたいと言ったら?

言われてみないとあまり考えない事柄だと思います。

今回は賛否両論あるタトゥーについて、夢占いの視点から解説していきます。



夢占いのシンボルとしてタトゥーが現す意味

タトゥーは「強さ」を象徴するシンボルです。

そもそもタトゥーは身体装飾として古くから日本に存在しました。

個体識別や、社会的身分を現す手段として、または刑罰として用いられていましたが、今では単純にファッションとしても捉えられています。

それぞれの人でタトゥーに対するイメージは異なりますが、不可逆的な変化を身体に入れるという行為自体は共通の認識だと思います。

したがって、タトゥーは貴方の強いものへの変身願望・執着をメッセージしているのです。



タトゥーを入れる夢の意味

タトゥーを入れる夢を見た貴方には、守りたい、大切な人の出現が迫っています。

例えば子供の誕生や、結婚によりパートナーができること、親が介護状態になる等、状況は様々ですが何かを守るべき立場になる時が間も無く来るようです。

そして、そのことによって貴方は、自分自身がよりレベルアップしなければならないと感じているようです。

まさに、「強くなりたい!ならなくてはいけない!」という覚悟の現れです。

守るべき者の存在は、人を強くすると言いますよね。

自分の成長の機会と捉えて頑張ってください。

夫や妻がタトゥーを入れる夢の意味は?彼氏や彼女がタトゥーを入れる夢についても解説します

夫や妻のように、婚姻関係にあるパートナーがタトゥーを入れている夢は、相手に対する不満を現しています。

そしてその不満の原因はパワーバランスの乱れです。

具体的に言うと、家庭の中でパートナーの権力が強まり、貴方が上手に自己主張できていない状況の現れです。

しかし、パートナーのタトゥーに対して「似合っている」「素敵だ」といったポジティブなイメージを抱いた貴方は、逆にその状況に安心しきっています。

よく「尻に敷かれる」と言いますが、それ位の方が貴方は気が楽なようですね。

次に、彼氏や彼女といった婚姻関係にないパートナーがタトゥーを入れる夢です。

この夢を見た貴方は、パートナーからの愛情不足を感じています。

貴方はもっともっと自分に構って欲しいのですが、パートナーは仕事や趣味など、貴方以外の世界にも沢山の関心事があるようです。

自分だけを見てほしい貴方には少し物足りないようですね。

でも相手に求めすぎると、それが重荷となってしまいます。

貴方も自分だけの世界を見つけることをお勧めします。

あなたは他人のことばかり考えすぎて、自分のことが疎かになっていたりしませんか?

周りの環境や他人に振り回されて自分自身を見失っているあなたは、共依存症かもしれません。

いい意味で、自分本位で生きるようにしましょう。

〈見すてられ不安〉に悩んだら実践! ナラティブ・セラピー【電子書籍】[ 水澤都加佐 ]

created by Rinker
¥1,650 (2020/09/29 14:18:34時点 楽天市場調べ-詳細)

夢の中でタトゥーを入れる場所が意味する事は?手首、腕、足、首など解説します

タトゥーという強さのシンボルを、体のどこに刻むかというのは、貴方の自信の度合いを表現しています。

首、腕など体の半分から上の部位の場合

例えば、首や腕など体の半分より上にタトゥーを入れている場合、貴方は自信過剰になっている可能性があります。

自分の強さをひけらかしている状況ですね。

怖いもの知らずで、何でも上手くいきそうな心境になっていませんか?

一種の興奮状態と言っても過言でない程に気分が高まっています。

こう言ったときは、周囲の人に敵対心を持たれやすい時です。

少し控えめに行動することを心がけて下さい。

しかし、この時期は金運は良いので、ギャンブルは強気に攻めて良さそうです。

足や手首など、地に向いている部位の場合

次に足や手首など、地に向いている場所にタトゥーを入れている夢は、貴方の心に潜んでいるトラブルを表現しています。

潜んでいると表現したのは、そのトラブルというのは決して大きなものではなく、喉に詰まった小骨のように、意識しだすと気にまりますが、普段はあまり考えないようにしている事柄です。

例えば、自分の身の丈に合わないローンを組んでしまったり、上司に報告していない小さなクレームを隠していたり、生活はできるけど折に触れてチクチク痛むような些細なトラブルを抱えていませんか?

その事が貴方のセルフイメージを下げてしまい、自分を小さく評価しています。

せっかく夢がメッセージとして見せてくれているのですから、この機会にスッキリさせてみてはいかがですか?

タトゥーを入れる夢を見た私の体験談

私は両腕にかなり大きくて、色の濃いタトゥーを入れる夢を見たことがあります。

入れている最中は夢に見ないのですが、入れ終えた手を見つめながら、大変な事をしてしまった、という罪悪感を感じていました。

その夢を見た頃のことを思い返すと、飼っていた犬の介護を一生懸命している時期と重なります。

私にとって初めて飼った犬は、家族同然でした。

その犬がどんどん年老いていき、ご飯も食べなくなっていく様を見ていくのは本当に辛いものでした。

介護といっても肉体的な辛さはほとんどなく、その代わり大きな精神的苦痛を味わっていました。

間も無く犬が死んでしまうということへの恐怖は凄まじく、考えるだけで悲しみより、もっと深い恐怖を感じていました。

このままでは、犬を亡くした時におかしくなってしまうかもしれないと思い、同じく犬を亡くした経験のある友人に、心の持ち方を相談していたのです。

すると、ある友人が「犬は貴方との楽しい思い出を持って旅立っていくのだから、貴方が恐怖に支配されていると、犬の穏やかな気持ちを邪魔してしまうよ」と言われたのです。

私は愛犬に悪い影響を与えたくない一心で、悲しい気持ちが伝染しないように心を強く持つことを決めました。

きっとその時の決心が、タトゥーを大きく入れるシーンとして夢に現れてきたのだと思います。

もしかすると、タトゥーの大きさは、あまりにも大きくなり過ぎた恐怖心に比例していたのかも知れません。

最後に

タトゥーというシンボルは、その不可逆なイメージの通り、後に戻れない決意を表していることがあります。

あなたの人生を変えるかもしれない大きな決断・覚悟が求められている時期なのかもしれません。

日常の中の些細なところにきっかけがあるかもしれませんので、気をつけて過ごしていきたいですね。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。