【夢占い】昼の花火の夢の意味とは?花火の事故や火の粉が印象的な夢などを解説




夏の風物詩である花火。

毎年楽しみにしている方も大勢いますね。

間近で見る花火の迫力は圧巻ですし、家族や友人と集まって小さい花火をやるのも綺麗で楽しいです。

そんな花火が夢に出て来た時、それはどのような意味を示しているのでしょうか。

今回は、昼間に花火が打ち上がる夢・花火の事故や火の粉が降り注ぐ夢の意味などを解説いたします。



夢のシンボルとしての花火

夢のシンボルとしての花火は、憧れ・願望・運気や感情の高まりを示しています。

綺麗な花火を見る夢は運気が高まっていたり、あなたの恋する感情の高まりです。

しかし、花火が一瞬で消えてしまうように、それらの高まりも儚いでしょう。

数日の幸運のチャンスを逃さないようにしてくださいね。

また、何か叶えたい夢や願望があるけれど、現実的にそれが叶う可能性は低いだろうと自分で思っている時に、花火の夢を見ることが多いです。

夢を追うことは素晴らしいですが、現実を見ていなければただの無謀となりますのでご注意を。

それでは、それぞれの夢のパターンを解説して参ります。



昼間に花火が打ち上がる夢の意味

昼間に花火が打ち上がる夢の意味は、自分の進むべき道を見失っていることを暗示しています。

夜だからこそ映える花火は、昼間に上がっても見えにくいですよね。

このように、あなたは今叶えたい願望のために努力している最中ですが、それを叶えるためには本当にこの道で合っているのか、本当の願望は何だろうかと自分の道を見失っているのです。

客観的に自分を見れていないことでもありますので、一度距離を置いたり、冷静になって考えて見ると道が開けるでしょう。

自分を客観的に見ることが苦手な方には、こちらの本がオススメです。

私も物事を進める時は、周りが見えなくなってしまうタイプだったのですが、この本がきっかけで物事を客観的に捉えて考えられるようになりました。

客観視するということは仕事でもプライベートでも非常に重要です。

ぜひ、この本で学んでみてくださいね。

「判断力」の磨き方常に冷静かつ客観的な選択をする技術【電子書籍】[ 和田秀樹 ]

created by Rinker
¥750 (2020/09/28 01:59:06時点 楽天市場調べ-詳細)

花火で事故に遭う夢の意味

花火で事故に遭う夢の意味は、急な運気の高まり・物事の急な改善を表します。

一見怖い夢のように思われますが、これは逆夢で縁起の良い夢です。

あなたの抱えていた問題や進めている物事が急に改善されていきます。

それはあなたの力で変えるというよりも、自然の流れでそうなるため、特に注意すべき点はありません。

長きに渡るトラブルが解決され、ストレスも軽減できることでしょう。

運気も急に高まり、そしてすぐに元どおりになります。

この夢を見たら何か運が必要な事柄にチャレンジしてみると良い結果が期待できるかもしれません。

花火がとても綺麗な夢の意味

花火がとても綺麗な夢の意味は、あなたが大きな夢や野望を抱いていることを暗示しています。

これまで、夢なんてないと考えていた人、夢はあるけれどそれが本当に自分のやりたいことなのかわからないと悩んでいた人。

この夢を見たということは、あなたには絶対に叶えたい大きな夢があるのです。

夢がないと考えていた人は、今一度自分と向き合って見てください。

その夢が叶うことを暗示する夢ではありませんが、自分の夢が何かハッキリするということは大きな一歩となります。

花火の火の粉が印象的な夢の意味

花火の火の粉が印象的な夢の意味は、目標や願望の達成に不安を抱いていることを示しています。

しかし不安の正体はわかっていないのでしょう。

達成できないかもしれないと漠然とした不安を抱えている状態です。

解決策としては、自信をつけること以外にありません。

スポーツ選手が練習を積み重ねることで失敗を減らし自信をつけるように、努力が不安な気持ちを上回った時に自信になるのです。

花火で事故に遭う夢の体験談

都内の建築会社で働くサラリーマンの体験談です。

彼は大学時代に設計を学び、建築士として働くべく大手建築会社に入社しました。

無事設計部に配属されたのですが、直属の上司とそりが合わず、なかなか設計をさせてもらえません。

他の上司や人事に何度も相談を持ちかけますが、結局うやむやに流されてしまいます。

入社したら何があっても3年は必ず働こうと決めていた彼ですが、雑務ばかりの毎日に嫌気がさし、このままここに居ても得られるものはない・辞めようと考えるように。

それでも、ギリギリの所で耐えていた彼はある日、花火の事故に遭う夢を見ます。

とてもショッキングな夢だったため、夢占いでその意味を調べた所、それは事態が急に改善される前兆だと知りました。

ひょっとしたら設計を任せてもらえるのか?と淡い期待を抱き、もう少しだけ辛抱します。

それから数日後、なんとその上司の設計した建物に大きなミスがあったらしく、上司は責任を取らされ窓際部署へ移動になったのです。

こうして、彼はついに設計を任せてもらえるようになったのでした。

花火の夢を見たおかげでチャンスを掴めた、と彼は語ってくれました。

最後に

ここまで、花火の夢の意味を解説しました。

花火の夢には、憧れ・願望・運気や感情の高まりといった意味があります。

花火の輝きが一瞬のように、その高まりもすぐに終わってしまうでしょう。

夢のメッセージを受け取ったら、すぐに行動するように心がけると上手くいきそうです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする