【夢占い】箱に入る夢の意味は?運ぶ、もらう、鍵をかける夢も体験談と共に解説




と聞くと、なんだか無機質な掴み所のない印象ですよね。

お菓子の入った箱とかプレゼントBOXであればワクワクした気持ちになりますが、一言に箱と聞いてもピンとこないかもしれません。

だからこそこういったアイテムが夢の中に現れると、妙に心に残るものではないでしょうか?

今回はそんな箱がシンボルとなり夢の中で現す意味を解説します。

箱に入る、運ぶ、鍵をかける、もらうといったキーワードで、体験談を元にいくつか夢占いしていきますのでご自身の見た夢と照らし合わせてみて下さい。




夢の中で箱がシンボルとなり現す意味

箱が夢の中で現すのは、秘密や可能性です。

箱の中に閉じ込められた感情や、ブラックボックスという言葉があるように、中に何が入っているのか全くわからない意外性を象徴するとイメージして下さい。

箱の形状や、その箱がどのような状況で夢に現れたかによって解釈の仕方は様々です。

いくつか具体的に夢占いしていきますので、参考にして下さい。




箱をもらう夢の意味

箱をもらう夢は貴方に思いもよらない良い出来事が訪れる暗示です。

宝くじや貰い物をするといったような運に寄るものではなく、貴方がこれまで積み重ねてきた事が報われるという意味での吉兆と捉えて下さい。

箱の中に何が入っているかわからないのと同様、それが何であるかまではわかりませんが、きっと納得できる出来事だと思います。

その日を楽しみに待っていて下さい。

箱に入る夢の意味

これはちょっと面白い解釈です。

実は英語では箱を現すBOXが女性器を現します。

この事から性的な意味を含む夢であると解釈される場合があり、その箱に入るというのは貴方の性的欲求の高まりを暗示すると解釈できます。

この解釈を聞いて、そんな事はない!と思った貴方も、箱が示す意外性という解釈に既に飲み込まれているのかもしれません。

自分では気がついていないセクシーな一面を楽しむのも悪くないかもしれませんよ。

箱に鍵をかける夢の意味

この夢は貴方の恐れを現しています。

その恐れの中身とは本当の自分を知られるという事。

貴方は自分の中に何が強烈な個性を秘めているのではありませんか?

例えば何かのオタクであったり、職場と私生活のギャップや性別に対する違和感であるかもしれません。

社会の中でそれを露呈してしまうと、自分がどういった評価を受けるか掴めず強固な意思で隠しているようです。

そしてその事に少し窮屈さや生きにくさを感じているでしょう。

これだけ世の中が多様化し、みんなそれぞれの個性を自由に生きています。

勇気を出して本来の自分を表現してみてはいかがですか?

スヌーピーのもっと気楽に4 自分らしく (文庫) [ チャールズ・M・シュルツ ]

created by Rinker
¥660 (2020/09/29 03:19:50時点 楽天市場調べ-詳細)

箱を運ぶ夢の意味

この夢を見たら、箱が持ついくつかの意味の中から可能性というキーワードをピックアップすると良いでしょう。

貴方はもしかしたら教師やスポーツクラブのインストラクターなど、指導する立場にあるのではありませんか?

誰かの可能性を見出し、ステップアップへと導く才能があるようです。

それが運ぶという動作として夢に現れています。

もしそういった立場でない人も、自分の才能を輝かせる場所を模索してみるのもいいかもしれません。

箱に鍵をかける夢をみたある男性の体験談

この男性というのは私の従兄弟のことなのですが、彼はとても無口で大人しい男性でした。

お正月に親戚皆で集まった時、初夢に何をみたかという話題になりました。

みんなそれぞれ結婚する夢や、お年玉を盗まれる夢などおもしろい夢を話しながら盛り上がっていたのですが、そんな中彼は大きな箱に一生懸命鍵をかける夢を見たと言ったのです。

これまでの盛り上がりは一気に終息し、ちょっとシラけた雰囲気になってしまいました。

しかし、そんな彼がそれから2年程たって、ある日突然失踪してしまったのです。

事件に巻き込まれたのではないかと親戚一同大騒ぎとなりました。

しばらくして居所がわかって一安心したのも束の間、彼は何と大阪のオカマバーで女性として働いていたのです!

あんなに大人しく寡黙だった従兄弟が、化粧をし派手なドレスを着て接客業に励んでいる事を伝え聞き、驚きと同時に自分を解放できてよかったなと嬉しい気持ちになりました。

そしていつかのお正月にポツリと言った、大きな箱に鍵をかける夢は彼の心情を顕著に現したものであったのだと、大納得したのでした。

最後に

体験談でお話しした私の従兄弟ですが、厳しい水商売の中でもう5年以上働いています。

周りからどう見られようと、自分の道を突き進む姿はとてもかっこ良いです。

やはり本当の自分らしさを表現できる場所が、どんな人にも必要なのだと改めて思い知らされました。

皆さんも怖がらず一緒に自分らしさを最大限に表現しましょう。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする