【夢占い】授業をサボる夢の意味とは?当てられる、遅れる夢の意味も併せて解説




学生の頃、学校に通う夢を見た経験があるかと思います。

授業に遅れる夢で焦って起きたり、先生に当てられる夢でドキドキしたり。

夢において、授業というのはどのような意味があるのでしょうか。

今回は、サボる、遅れるといった様々なシチュエーションの他に、授業の中でノートが印象的な夢などの意味も解説いたします。



夢のシンボルとしての授業

夢のシンボルとして授業は、ノルマ・ルール・道徳・義務を表しています。

あなたが真面目に授業を受けている夢であれば、ルールや道徳を正しく守るタイプであり、知識力が高まっているでしょう。

時に、自分に厳しすぎる面があることも。

反対に、不真面目な態度で授業に臨んでいた場合は、ルールを破りがちだったり、日々の生活が退屈でつまらないと感じているかもしれません。

ストレスが溜まりがちですので、しっかりとストレス発散する時間を確保してください。



授業をサボる夢の意味

授業をサボる夢の意味は、あなたがサボるタイプの人間かどうかによって意味が変化します。

普段は真面目で、サボりなど一切しない人が授業をサボる夢を見た時は、学業や仕事に対してストレスが溜まっており、そこから逃げ出したいと思っている証です。

もしここから逃げ出せたら…という願望が夢として現れています。

周りからの期待に答えようとするあまり、自分に課しているノルマが厳しすぎるのかもしれません。

普段からサボりがちな方がこの夢を見た場合は、自分の将来に不安を抱いています

サボっていながらもそのサボる時間を後悔し、この先どうなってしまうのだろうと悩んでいるのでしょう。

そもそものサボり癖を直すべきですが、ポジティブ思考を心がけると物事が上手く行くはず。

ポジティブ思考が苦手な方には、こちらの本がおすすめです。

私も物事をネガティブに捉えてしまうタイプだったのですが、こちらの本がきっかけでどんな事でもポジティブに捉えられるようになりました。

そのおかげで、周りからは明るくなった、とっつき易くなったと言われ、自分でも自分のことが好きになったように感じます。

ネガティブな自分にお悩みの方は、ぜひご覧ください。

気持ちを整理すると「いいこと」がいっぱい起こる! ほっとして、リラックスして、ポジティブに変身! [ 植西聰 ]

created by Rinker
¥1,210 (2020/09/29 15:31:06時点 楽天市場調べ-詳細)

授業に遅れる夢の意味

授業に遅れる夢の意味は、責任から逃れたいことを示しています。

勉強や受験が嫌だったり、仕事のプレッシャーが強く、責任から逃れたいという気持ちが強くなっています。

逃げ出したい原因は、おそらく失敗を恐れているからでしょう。

努力してもどうせ失敗してしまう、失敗したら大恥をかくとネガティブなことばかり考えてしまうため、逃げ出したい気持ちが強まるのです。

成功したらこんな良いことが待っている、どれだけ皆が喜んでくれるだろうとポジティブな考えをしてみると、気持ちの整理が着きます。

授業のノートが印象的な夢の意味

授業のノートが印象的な夢には、パターンが2つあります。

1つは、しっかりとノートを取っている夢。

この場合は、目標に向かってしっかりと努力している事を表しています。

あなたは夢や成し遂げたい目標が定まっており、現在それに向かって努力しているのでしょう。

そしてその努力に対して、手応えを感じているはず。

その努力は正しいので、そのまま気を抜かずにいればきっと達成出来るでしょう。

もう一つは、ノートが真っ白な夢。

この夢は、目標はあるけれど、それを達成するにはどうすればいいのかわからず迷っていることを示しています。

確かに、目標は定め易いかもしれませんが、いざそれを叶えるとなると何から手をつけたら良いのか迷ってしまいますよね。

そういった場合は、その目標を達成した人に話を聞いてみたり、信頼の置ける人物に自分の状況を説明し、客観的な意見をもらう事で解決出来ます。

自分だけで悩み続けず、誰か人の助けを借りましょう。

授業で当てられる夢の意味

授業で当てられる夢の意味は、緊張状態を示しています。

大切な試験やプレゼン前だったり、転職初日などであなたには大変なプレッシャーがかかっています。

その結果、体が緊張状態となりさらに潜在意識として夢に現れたのです。

もし朝起きた時にまだ緊張していたのであれば、ゆっくりと呼吸する事を意識してみるとリラックス出来ます。

授業をサボる夢を見た人の体験談

ある会社員の体験談です。

彼は学生時代から真面目で、その真面目さが認められ辞書の編集者として出版社で採用されました。

彼の仕事は新たな辞書の作成ですが、辞書一冊作るのには何年、時には何十年とかかります。

来る日も来る日も用例採集をする毎日。

それでも真面目な彼はひたすらに続けます。

そんな日が続き30歳を迎えた時、同窓会に参加した彼はショックを受けました。

皆同じスタートラインに居たはずなのに、周りは結婚や子供が居たり、仕事では役職がついたり会社を立ち上げた人物もいたのです。

自分だけは毎日同じことの繰り返しで何も成長していない。

そんな不安に駆られてしまったのでした。

その日の夜、彼は授業をサボる夢を見たそうです。

日課として、夢をメモっていた彼は、その夢の意味を調べてみました。

その結果、仕事に対してストレスが溜まっているということがわかります。

自分でも薄々気づいていたため、早速上司に仕事の相談をしました。

もちろん、辞書作りは最後までやり遂げる予定です。

しかしそれ以外の仕事も任せて欲しいと申し出ると、上司は快く受け入れてくれたのです。

こうして、彼は辞書作りと平行して複数の作家を担当する編集者としても働き始めました。

新しい仕事にはまだまだ慣れないけれど、今の環境が大好きだと語っています。

最後に

ここまで、授業に関する夢を解説しました。

授業の夢には、ノルマ・ルール・道徳・義務といった意味合いがありますが、普段のあなたの態度によって、授業の夢の解釈は変わります。

夢からのメッセージを正しく受け取ることで、明るい未来が開けるはず。

そして、普段の自分と夢の自分を見比べてみると、新しい発見も出来そうです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする