【夢占い】飛行機の墜落を目撃する夢の意味は?爆発した場合や海に落ちる場合も解説




こんにちは。

飛行機の墜落を目撃したり、自分が乗る飛行機が墜落する夢を見たら、びっくりしますよね。

いずれにせよ不安な気分で目覚めたことと思います。

また、どんな意味を含んでいるのか、とっても気になります。

今日は飛行機が墜落する夢を見た場合の意味、暗示、メッセージなどを、体験談を交えてお話いたします。




夢のシンボルとしての飛行機

夢のシンボルとしての飛行機が意味するキーワードは「今後の予定・進路」や「計画」などです。

大きな・重要な予定を表しており、主に直近で起こる未来の出来事を暗示しています。

どちらかといえば悪い方向への変更と考えて良いでしょう。

飛行機は行く先が決まっているものです。

現実に「絶対」はありませんから、不安定なイメージの飛行機を今後の予定の象徴として、夢が見させてくれているのだと想像できますね。

ではその飛行機が墜落してしまう場合、どのようなことが想定されるのでしょうか。

勘の良い方はなんとなくお気づきかもしれませんが、次項で解説していきます。




飛行機の墜落を目撃する夢の意味とは?

飛行機の墜落を目撃する夢を見る場合、今後の予定に急展開があることや、大きなトラブルを意味します。

誰に対しての予定・計画なのかは、夢の状況から推測します。

飛行機に自分は乗っておらず、墜落する飛行機を外から見ている場合、あなたの周りで大きな予定変更が発生することを暗示しています。

ただし、決してあなたには無関係というわけではありません。

例えば、仕事で大きなトラブルが発生し、あなたの担当領域ではないもののしわ寄せが来たり、友人が風邪をひいて大変な思いをするが、後々あなたに移ってしまう、などが考えられます。

自分が乗っている飛行機が墜落する場合は、あなた自身の予定変更を表します。

同乗者がいれば、その人に関係する出来事と考えて良いでしょう。

例えば、恋人が同乗していた場合は、喧嘩をしてデートの予定がなくなってしまう、であったり、友人と同乗していたのであれば、体調を崩してしまい旅行の予定がキャンセルになってしまう、などが考えられます。

お世辞にも吉夢とは言えない内容で心苦しいのですが、事態の収束が早いか遅いかを判断する方法がありますので、事項にて解説します。

飛行機が墜落して爆発した場合・海に落ちた場合の意味とは?

墜落した飛行機の状態を思い出してみましょう。

大きな予定変更やトラブルの収束まで、どれほど時間がかかるかを暗示しています。

墜落した飛行機がプスプスと音を立てて、炎が小さく燻っているような場合は、問題解決や変更した予定の代替策の確定まで長期化します。

これから火が消えるのか、またはさらに燃え上がって行くのかがわからない以上、今後しばらくはその問題と付き合っていかなければならないのだと想像できますよね。

一方で爆発して、天まで昇るほどの大炎上をしている場合、事態はすぐに収束します。

あなたの見た夢がこちらであることを私も祈っています。

海に落ちた場合や、不時着した場合はどうでしょうか。

これはどうしようもない予定変更を表します。

飛行機は残っているもののその後飛び立てない状況ですので、その予定変更に消化できない感情を伴うことも暗示しています。

例えば相手の身勝手な都合により約束がキャンセルされ、あなたの時間が空いてしまい、イライラしたり、悲しんだりすることを暗示します。

仕事で嫌なことがあったなら、今日くらいはサクッと帰ってしまいませんか?

わたし、定時で帰ります。 (新潮文庫) [ 朱野 帰子 ]

created by Rinker
¥649 (2020/09/28 07:16:26時点 楽天市場調べ-詳細)

飛行機の墜落を目撃する夢を見た体験談

いわゆるブラック企業で働いていた頃に見た夢です。

私は広いグラウンドのようなところに一人で佇んでおり、辺りの静けさに安心した気持ちでいました。

すると突然後方上空から大きな音とともに旅客機が頭上を横切っていき、正面の遥か先にまっすぐ墜落していくのです。

その旅客機はさらに大きな音を立てて爆発し、熱を感じるほど大きな炎を上げました。

誰が乗っているのかはわかりませんでしたが、私は一転不安な気持ちで乗客の安否を案じている、という内容でした。

当時私の働いていた会社ではギリギリの人数で大きな案件をいくつも回しており、納期まで綱渡りのような毎日を過ごしていました。

旅客機の墜落する夢を見た日、私のチームの別案件で大きなトラブルが起き、その対応に同僚が追われることになったのです。

当然その同僚が担当していた案件は手がつけられず、その対応を私がすることになってしまいました。

要領がわからず数日の間地獄のような日々でしたが(当然同僚や関係者の方が大変な思いをしていましたが)、すぐに増員されことなきを得た、という出来事がありました。

きっと夢の中で墜落した旅客機にはその同僚と関係者が乗っていて、夢主の私にも影響があることを教えてくれていたのでしょうね。

最後に

飛行機は身近なようで遠い存在です。

夢にあえて出てくるような場合は、何かを暗示してくれていることがほとんどです。

ましてや墜落するようなインパクトの大きい内容であれば、その印象は強いですね。

予知夢、などと聞くとオカルトチックなことを想像しがちですが、私が体験したことを根拠にお話しておりますので、少なくともそこは事実であると言い切れます。

不思議かもしれませんが、夢とはそういうものです。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする