【夢占い】犬が怪我をする夢の意味とは?ペットや血を流す意味も解説!




あなたは、ペットを飼っていらっしゃいますか?

ペットは面倒を見るのは大変だけれど、人間に懐いてくれる姿を見ていると、とても心が癒やされますよね。

なかでも犬は、古くからとても馴染みのあるペットです。

犬を飼っていらっしゃる家庭なら、普段の夢でも犬が登場するかもしれません。

そんな家族の一員のような自分の愛犬が、夢でケガなどしていたら、目が覚めてもとても心配してしまいます。

今回は、犬が登場する夢占いについて、詳しく解説しようと思います。



犬のシンボルが登場する夢の意味について

犬が夢に現れるのは「忠誠心」、「好意」や「裏切り」などを意味しています。

夢に現れた犬は、あなたの現在の精神状態を暗示している場合がありそうです。

犬の印象が明るく可愛かったなら、いまのところ問題ないということかも。

また、このとき夢に現れた犬が実際に自分の飼っているペットだったなら、あなたにとてもなついてくれている証です。

それとは対照的に、怖い犬や、今にも襲い掛かってきそうな犬が現れたなら、あなたは現実に強いストレスを抱えていることを暗示しているのかもしれません。

それぞれのシチュエーション別で異なる、犬があらわれた夢の意味を、以下で詳しく見ていきましょう。



犬が怪我をして血を流している夢の意味について

自分の愛犬がもし、怪我をして苦しんでいたなら、何としてでも助けてあげたいですよね。

夢に現れた犬が、怪我をして血を流していたなら、近いうちに心が傷つけられるような出来事が訪れることを、あなたに知らせているのかもしれません。

または、あなたが気が付かないうちに、身近な人物から裏切られていることも、暗示しています。

夢に現れた犬が、実際に自分で飼っているペットだった場合は、犬が自分の身体の不調を、飼い主であるあなたに夢で知らせているということも考えられます。

この夢を見た後は、日常をよく観察するようにしてみてください。

事前にアンテナを張っておくことで、被害も最小限に抑えることができそうです。

怪我をした犬を助ける夢の意味について

道端で、怪我をしている犬を見つけてしまったあなた。

唐突にこんな場面を迎えて、犬を助けてあげようとすることが果たしてできるでしょうか。

夢に現れた怪我をした犬を、助けて介抱していたなら、あなたはとても心の優しい人物なのですね。

介抱した犬がとても元気になっていたなら、現実でもあなたのおかげで助かっている人物がいることの暗示かもしれません。

怪我をした犬を助けられなかったり、介抱しているのに、犬がなかなか元気にならなかったなら、あなたがどんなに人に尽くしても報われないでいるのかも。

そのために、むなしい気持ちを抱いてしまうかもしれません。

でも自分自身を責めることはありません。

あなたに価値がないなどということは100%ないと私が断言します。

何があっても「大丈夫。」と思えるようになる自己肯定感の教科書 [ 中島 輝 ]

created by Rinker
¥1,430 (2020/09/27 05:58:42時点 楽天市場調べ-詳細)

ペットの犬が怪我をする夢の意味について

もしも、自分の不注意で、ペットの犬に思わぬ怪我をさせてしまったら…

どんなに気を配っていても、生き物を飼う以上、多少のトラブルは起こりがちです。

夢に実際に自分が飼っているペットが現れて、怪我をしていたなら、現実でも健康に関してのトラブルが起こることの暗示かもしれません。

そのトラブルは、家族など自分の身近の人間に起こる可能性が大です。

ペットの怪我が小さなものだったなら、実際にトラブルが起こっても、大したことには発展しないはず。

または、自分が気が付かないうちに、身近な人物を悲しませてしまっているという意味もありそうですね。

犬に噛まれる夢の意味は?

犬に噛まれるのは、身近な人間の裏切りを表します。

「飼い犬に手を噛まれる」という言葉がありますが、そんなイメージですね。

ただし、その暗示は敵意を明確に持った犬に噛まれた場合です。

もし甘噛みのようにじゃれている中で噛まれる、犬が自分に好意を持っていることが明確にわかる場合は、あなたに味方ができることを表します。

同じ「噛まれる」夢ですが、真逆ですよね。

こんな風に同じシンボルでもその様子やあなたがどう受け取ったかによって、解釈が180度変わることがあります。不思議ですね。

夢のメッセージを正確に捉えられるようにしましょう。

犬に襲われる夢の意味は?

噛まれる夢と似ていますが、あなたに敵ができることを表します。

この場合は、今身近にいる人間というよりも、突然現れる人というイメージです。

例えば他の部署から異動してきた同僚であったり、これまで話したことのないクラスメイトなどです。

また、あなたが女性の場合はセクハラを受ける可能性も示唆しています。

怖いですよね。

現実になってしまったら、是非遠慮せずに然るべきところへ助けを求めるようにしましょう。

犬と散歩する夢の意味は?

犬と散歩する夢が、のんびりとしたものであれば、あなたの周りの人間があなたを評価していることを表します。

あなたがダッシュしてようやく犬に追いついているような状況であれば、あなたがコミュニティの中で浮いていることを表します。

散歩はあなたと犬(周囲の人たち)のコミュニケーションのあり方、所属の中の位置付けを表しているイメージですね。

もし浮いている自覚があるなら、コミュニケーションの取り方を変えてみるなどしてみても良いかも知れませんよ。

犬が怪我をして血を流している夢を見た体験談

この夢を見た頃、私は恋人と同棲している家を出ていく事を考えていました。

きっかけは、些細な出来事の積み重ねから来たもの。

恋人の態度から、わたしが必要ではないことがわかってきたからです。

いつも、身の回りの世話をするだけの日々に、心底から疲れ切っていました。

恋人は、いつもスマホを手放さず、会話をするときも、画面を見つめたまま。

私がいる事にも、気が付かないようでした。

そんなある日、夢に犬が現れたのです。

私は普段、犬は飼っていません。

夢に現れた犬は怪我をして、非常に衰弱し、疲れきっていました。

痛々しい姿の犬は何か言いたげに、こちらを向いたのです。

そのとき、目が覚めました。

それだけだったけれど、あの夢に現れた犬は私自身だと、このとき直感したのです。

それから、怪我をした犬は、頻繁に夢に現れるようになり、怪我もだんだんひどくなっていきました。

数回目の夢に現れた犬は、血だらけの姿で私に「助けて」とはっきりといったのです。

自分を助けられるのは自分自身しかいないと気が付きました。

私はこの日、普段感じていた不満を、恋人に思いきりぶつけました。

そんなことを思われていたなんて意外だったという顔をされ、くやしさと、頭にきたのとで、気が付くと私は自分の家をとび出していました。

夜の道に偶然、犬の散歩をしている人とすれ違いました。

このとき、私は連れている犬に視線が釘付けになったのです。

その犬は、夢に現れた犬と非常によく似た外見でした。

胴体部分には怪我の手当てをしたようで、体中が包帯だらけだったのです。

この犬は夢で私に語りかけてきた犬だと、確信しました。

それから数日後、恋人の態度はずいぶん変わっていったのです。

驚いたことに、私に配慮してくれるようになりました。

あれから、怪我をした犬は夢に現れません。

探してみたけれど、散歩連れの犬を見かけることももうなくなりました。

あの日、包帯を付けた犬の怪我はきっと、治っていると信じています。

最後に

犬は今やペットとして、人間の生活に溶け込んでいます。

そして飼い主に対して忠誠を尽くすことが知られていますよね。

夢に現れた犬はあなた自身で、自分自身に忠誠を尽くしているか、つまり自分自身の気持ちに正直でいるかを映す鏡であることも多々あります。

自分に正直に、とはよく言いますが、誰かに言われたところであまりピンときませんよね。

意識・無意識に関わらず、あなた自身が、あなた自身の気持ちに嘘をついているとき、犬はあなたに警告しにきてくれるのかも知れません。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

<合わせて読みたい>

ガリガリでない限り、人間誰しも痩せたいと思いますよね。 スラっとした体型がかっこいい・美人だとされているし、健康のためにも痩せた体型を...
犬に噛まれた経験はあるでしょうか。 本気で噛まれたことはないにしても、甘噛み程度ならあるのでは?。 犬にとって「噛む」という行為...
スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする