【夢占い】万引きで捕まる夢の意味は?冤罪や捕まえる・捕まる夢の意味についても解説します




万引きと聞くと1番に思い浮かぶのは、テレビで観る万引きG面の姿です。

スーパーのお客を装って万引きする人を捕まえる姿がとても印象的でした。

万引きというのはテレビや小説の中の話で、遠い世界のことのように感じます。

しかし今回は夢の中で万引きをしたり、冤罪になったリする夢の意味を解釈しなくてはいけません。

夢の中で万引きは何を現すシンボルなのでしょうか?

万引きで捕まる夢や、万引きを見る夢など、実際に万引きの夢を見た私の夢も夢占いしています。

私の体験談も含めて、最後まで楽しんでください。




夢の中で万引きがシンボルとなって現している事

万引きが現しているのは人生の断捨離です。

具体的に言うと、これから先の人生を考えた時に、必要なものとそうでないものを見極める時期が来ていることを告げています。

物といっても、物質的なことだけではなく人間関係や仕事、時間の使い方などを取捨選択し、自分の人生をより純度の高いものにして行くタイミングが来ているようです。

シチュエーション別にもう少し詳しく解釈して行きますので、ご自身が見た夢と照らし合わせてみて下さい。




万引きしているところを見る夢の意味

万引きを見る夢は、貴方が自分の人生の傍観者になっている状況、即ち無気力で空虚な時間を過ごしていることの現れです。

万引きというのは、盗る方と盗られる方の2つの立場に別れます。

万引きがシンボルとなっている人生の分岐点というシチュエーションを考えた時、貴方はその傍観者になってしまい、まるで他人事のように自分の人生を傍観しているのです。

そんな貴方を周りの人は、何を考えているのかわからない、不思議ちゃんと評価しているでしょう。

ご自身でも、なんとなく流れのままにここまでたどり着いたという感覚があり、何かを失ったり獲得したりといった人生の実感をあまり感じていないのではないでしょうか?

貴方は、無気力状態から抜け出して自分の人生を取り戻すことが必要です。

そうは言っても、その感覚そのものがわからないと言う場合は、こちらの本を参考にしてください。

生きにくさを感じている女性が、自分との交換日記というスタイルで時系列にそって心が再生していくまでの過程を一冊の本にまとめてあります。

リアルで繊細な描写に究極のドキュメンタリーを見たような気持ちになりましたし、こうして人は治っていく(再生していく)ということの勉強になりました。

一人交換日記 2 (ビッグ コミックス〔スペシャル〕) [ 永田 カビ ]

created by Rinker
¥1,017 (2022/07/04 02:29:41時点 楽天市場調べ-詳細)

万引きで捕まる夢の意味

この夢は貴方が時間の使い方を間違っているというサインです。

特にワークライフバランスを見直すタイミングに来ていると言えるでしょう。

まず、万引きという盗む行為は現実世界で何かを盗られることを意味しています。

そして夢の中で捕まるのは貴方、つまり自分で自分の時間を失っている=無駄使いしていると解釈できるでしょう。

特に残業が必要ない場合でも帰りにくい雰囲気に飲まれたり、休日もダラダラスマホを眺めて過ごしていたりしませんか?

もちろん貴方が好き好んでそうしているのであればそれも良いですが、心の何処かに罪悪感を感じているはずです。

早く手を浮かなければ、人生の残り時間をどんどん無駄に消費してしまうことになります。

いつか変えたいと思っていた貴方は、そのタイミングがまさに今!来ています。

時間改革をしてください。

万引きを捕まえる夢の意味

この夢を見た貴方はまさに今人生の断捨離に成功しているようです。

特に人生の多くの時間を費やせざるを得ない、子育てや仕事に関してひと段落付いたり、煩わしいと感じていた人間関係から解放されたりと身の回りがスッキリしてきているようです。

まさに捨てるべきものを的確に切り捨て、生きやすくなっているはずです。

万引き犯を捕まえるが如く、不必要な時間をキャッチし自分と切り離すことに成功していると言えるでしょう。

夢がそのまま進んで下さいと後押ししてくれています。

迷うことなくそのまま前進しましょう。

<合わせて読みたい>

泥棒に家に侵入されたことはないにしても、傘や自転車、学生時代には消しゴムや鉛筆など、些細な物を盗まれた経験はあるかと思います。 そう考...

冤罪となる夢の意味

冤罪となる夢は貴方の中の迷いを現しています。

おそらく貴方自身、自分が何を捨てて何を手に入れるべきなのか、迷いを持っているのではありませんか?

女性が出産とキャリアの狭間で迷っている時や、男性であれば家庭を持つタイミングなど大きな取捨選択に迫られている時にこの夢を見ることが多いでしょう。

冤罪というのは濡れ衣を着せられることですが、こういった大きな選択に迫られた時は、どちらを取ると失敗しないかという失敗を回避することにフォーカスが合うので、あらゆるリスクの消去法で決断する場合が多いのです。

そして自分が選ばなかった道に「きっとあちらを選んでいたら失敗していた」というわかりもしない結論をつけたがります。

それが冤罪という不確定の悪の烙印となって夢に現れているのです。

この夢を見る人は、もう少し肩の力を抜いて流れに身を任せる位の心情でいる方が良いでしょう。

少し頭でっかちになっている恐れがあります。

もう少しリラックスして下さい。

万引きで捕まる夢を見た私の体験談

私はある日スーパーで食料品を万引きする夢を見ました。

万引きしながらも、誰かに見つかるのではないか?こんなことをしていたら人生お終いではないかないか?とかなりドキドキしていたのですが、万引きする手を止められずにいたのです。

そして1秒でも早くここから逃げ出さなければいけないという脅迫的とも取れる心情にありました。

目が覚めたとき、実際に動悸がして寝汗をかいていたくらいです。

実はその頃私はブラック企業に勤めており、朝7時に出社して23時に帰ってくるという生活をしていました。

広告代理店で働いていた私は、休みの日も営業活動や接待に追われており、自分の時間が全く持てていなかったのです。

このままでは仕事だけの人生になってしまうという恐怖心を感じながら、初めての就職だった為、どのように軌道修正して良いかわからず、結果的にストレス性の過換気症候群になってしまい入院、退職することとなってしまいました。

万引きをしている時の逃げたい!という恐怖心は、まさに会社から逃げたい心情の現れだったのですね。

あの時、体を壊してしまいましたが、無事に環境を変えられて良かったです。

最後に

万引きの夢はいかがでしたか?

誰かの物を盗るというよりは、自分で自分の時間を搾取していることの現れでしたね。

この夢を見た人全般に言えるのは、もう少し自分を大切にしましょうということかもしれません。

夢からのメッセージを上手に活かして下さいね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする