【夢占い】ロープウェイに乗る夢の意味とは?落ちる意味も合わせて解説!




ロープウェイは、落ちるようで怖いけれど、高い場所を気軽に移動できるとても便利な乗り物ですよね。

普段の生活ではめったに乗ることのできない乗り物なので、特に観光地ではたくさんの人に気があります。

あなたもロープウェイに乗ったことがあるでしょうか。

高い場所から見る景観は、本当に最高の眺めです。

ところでロープウェイに乗る夢を見るのは、どのような意味があるのでしょう。

今回は、ロープウェイにスポットを当てた夢占いの解説を、体験談も交えて詳しくご紹介していきます。



ロープウェイがシンボルに現れる夢の意味とは

ロープウェイが夢に現れるのは「今後の展望」や「精神状態」、「飛躍」などの暗示があります。

空に近い場所をスムーズに移動できる乗り物であることから、概ね将来に関する事柄を表している場合が多いです。

職業柄、ロープウェイに乗る機会が多い方も、よく夢に見る場合があるでしょう。

以下で、シチュエーション別に違う夢の解釈を見ていきます。



ロープウェイを見る夢の意味とは

高い景色の場所を眺めるのが好きな方なら、ロープウェイも気になって、よく見るのではないでしょうか。

夢の中でロープウェイを見ているのは、あなたは今、自分の目標に対して高望みをしていることを暗示しています。

ロープウェイはどのくらい高い位置にあったでしょうか。

地上からの距離が遠ければ遠いほど、あなたが抱いている願望が現実離れしている可能性が高いです。

あなた自身が「高い」「怖い」と感じているかが重要です。

それほど離れていない距離にあるロープウェイを見ているなら、あなたの抱いている目標や願望は、今のところ分相応であることを表しているでしょう。

どうしても叶えたい夢や、目標があるのなら、しっかりと地に足をつけた計画を立てる必要がありそう。

計画は立てても、見積もりの甘さ、横やりのタスク、様々な誘惑など、邪魔をするものが多いですよね。

私も例外ではなく、仰々しく立てた計画はその通り進んだことなど一度もありませんでした。

しかし以下の本を読み、効率化・時間管理・パフォーマンスの向上法・思考法などを実践し続けた結果、いまでは会社でのビッグプロジェクトも遂行できるようになりました。

少しでも心当たりのある方、読んで損はありませんので、ぜひ。

倒れない計画術 まずは挫折・失敗・サボりを計画せよ! [ メンタリストDaiGo ]

created by Rinker
¥1,540 (2020/09/29 13:32:21時点 楽天市場調べ-詳細)

ロープウェイに乗る夢の意味とは

夢の中でロープウェイに乗るのは、あなたがいま自分の夢に向かってスタートラインに立ったことを暗示しています。

乗り物の中にはあなた以外に人がいたでしょうか。

あなた一人だけが乗っているなら、自力で目標達成できる能力の持ち主であることを暗示しています。

誰か他の人が乗り合わせている場合は、その人物が今後、あなたの人生に関わり合ってくる可能性が高いです。

見知らぬ人が乗っていたなら、近いうちにその人物と知り合いになることを意味しています。

これから出会う人物は、あなたの目標達成のために必ず力になってくれる人であるはずです。

これからたくさんの人との出会いが期待できると言えそうですね。

ロープウェイから落ちる夢の意味とは

ロープウェイから落ちるなんて、想像しただけでも怖いですね。

夢の中でロープウェイから落ちるのは、実際の事故が起こることの予知夢である可能性もあるでしょう。

また、あなたが現在抱いている願望や目標を、中断せざるを得ない出来事が訪れることを暗示しています。

理由はさまざま考えられそうですが、あなたの能力や努力が足りないためか、または、誰かの邪魔が入るということなのかもしれません。

いずれにしても、あなたの将来が一時的に閉ざされることを意味しています。

原状回復のためには、もう一度計画を一から立て直す必要がありそうです。

ロープウェイに乗る夢の体験談

高校を卒業してすぐのこと。

就職先がなかなか決まらずに、私はアルバイトを始めることに決めました。

何社か面談を受けるのですが、アルバイトがなかなか決まりません。

収入のあてがないことに私は内心、焦っていました。

そんなある晩、不思議な夢を見たのです。

いつもの見慣れた道路を車で走って行きます。

目的地はわからないのですが、朝の時間帯であることははっきりとしていました。

通りには私以外にも、歩行者や車が行き交っています。

場面が変わって、さっきまで車に乗っていたはずの私は、気が付くとロープウェイに乗っていたのです。

乗り物の中には、私以外にも数人の人がいました。

誰かが私に席を譲ってくれようとした時、夢から覚めました。

それから一週間後の会社の面談は、自分でも驚くほどあっさりと合格が決まり、私はやっと自分の仕事を持つことができるようになったのです。

面談から数日後の、会社の研修日。

研修会場には、私ともうひとり別の人物の二人しか部屋にはいませんでした。

用紙に必要事項を記入していた時のこと。

その人物が席を立ち、私に話しかけてきたのです。

「この項目は、どう書くんでしょうかね」

その時私はとても驚いてしまいました。

その人の雰囲気が、夢で私に席を譲ってくれようとしていた人物とよく似ていたのです。

その後その同期とは良き仕事のパートナーとして、現在も二人三脚でプロジェクトを進めています。

あの日見たロープウェイの夢は、私には適職がありすぐに就職が決まることと、素敵な同期との出会いを暗示していたのだと感じています。

最後に

多くの人にとってロープウェイは、環境地くらいでしか関わりがないかもしれません。

基本的に夢占いのシンボルは、日常からかけ離れたものほど強いメッセージがある、と解釈しますので、ロープウェイもそのひとつと言えるでしょう。

慎重に解釈し、現実に活かせるようにしてください。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする