【夢占い】おみこしを担ぐ夢の意味とは?祭でおみこしに乗る意味など合わせて解説!




夏になると、夏祭りが始まりますね。

夏祭りといえば出店や花火大会もよいですが、おみこしを担ぐ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私は毎年、おみこしは見るだけにしています。

担ぐのも大変ですが、おみこしに乗るのも、本当に大変そうですね。

今回はお神輿にスポットをあてた夢の解釈を、体験談を交えて詳しくご紹介していきます。



おみこしがシンボルに現れる夢の意味とは

夢の中でおみこしを見るのは「情熱」、「刺激」や「精神状態」などを暗示しています。

おみこしといえば、神様の乗り物であることは、もちろん知っていることでしょう。

担ぐのには相当な体力が必要とされますが、それだけではなく、精神力もとても必要です。

神様を乗せたおみこしが、街じゅうを渡って行くのを見ているのは、とても楽しいもの。

夏祭りの象徴ともいえるものですよね。

なんだか縁起もよさそうで、用事もないのにでかけていって見てみたくなるから不思議です。

以下で、シチュエーション別で違うおみこしについての夢解釈を、詳しく見ていきましょう。



祭でおみこしが印象的だった夢の意味とは

おみこしは、とても情熱的でパワーをもらえますよね。

あなたは、おみこしを担いだことがあるでしょうか。

毎年夏祭りには、おみこしを担いでいるという方がこの夢を見た場合、お祭りを楽しみにしている気持ちが夢の中にまで反映された可能性が高いです。

それ以外の方だったなら、あなたの日常にちょっとした変化が近いうちに訪れることを暗示しています。

それをきっかけに、毎日が充実してくる可能性が高いでしょう。

普段、あまり積極的に行動しない方でも、この夢を見た後なら、思い切ってお出かけしてみることをおすすめします。

あなたにとっての、お気に入りの場所が見つかるかもしれませんよ。

もし、よさそうな場所が見つかれば、自分だけのパワースポットにしてみてください。

おみこしを見る夢の意味とは

運動神経があまりよくない方だったなら、おみこしを担いだり乗ることは大変危険ですので、見るだけにとどめておいたほうがよさそうです。

夢の中でおみこしを見るのは、あなたの日常がとても退屈なものであることを暗示しています。

そのため、あなたの精神状態に赤信号が訪れている可能性があるでしょう。

このままの生活を続けていると、生活にも潤いやハリが無くなってきて、心身ともによくない状況が訪れそうです。

変化を嫌う性格が、このような状況を作り出しているといえそう。

日常生活をもう一度振り返ってみてください。

あなたの工夫次第で、毎日の生活にも潤いを取り戻すことができるでしょう。

おみこしを担ぐ夢の意味とは

あなたは今現在、どのような職種に勤めていますか。

夢の中でおみこしを担ぐのは、商売繁盛を暗示しています。

このときのお祭りが、とても賑やかだったなら、商売がとても上手に行くことでしょう。

自営業をしている方にとって、ラッキーな夢ですよね。

おみこしを担いでいるのがあなた自身だった場合、その意味がますます強くなるでしょう。

また、おみこしを一度担いでみたいと思っていた方の場合、夢の中で願望を叶えているということも意味しています。

おみこしに乗る夢の意味とは

とても大きなおみこしに、持っている人を見たことがありますが、落ちるのではないかとハラハラして見てしまいます。

夢の中でお神輿に乗るのは、あなたにとって今とても好調な時期に来ていることを暗示しています。

この時乗っていたおみこしのサイズにも注目してみてください。

大きなものであればあるほど、運勢も大きなものであることを意味します。

こんなおみこしに乗っていたあなたはとてもラッキーです。

商売繁盛はもちろんですが、普通の会社員の方にとっても、とてもよい仕事運を運んで来てくれる吉夢になります。

あなたが今、叶えたい目標や願望があるのなら、思い切ってチャレンジすればよい成果を残せるでしょう。

ただ、調子の乗りすぎには要注意です。

どんなに調子がよくても、自己中心的にはならず、くれぐれも周りの人への気遣いや、心配りは気をつけるようにしましょう。

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本) [ 安田 正 ]

created by Rinker
¥1,540 (2021/01/21 08:59:10時点 楽天市場調べ-詳細)

おみこしを見る夢を見た体験談

今思い起こせば、あの日の私はなんでもないことにイライラしていたように思います。

その頃会社勤めをしていましたが、普段出かけることも嫌いだった私は、趣味も持たず、これといった友人もいない毎日を過ごしていました。

ほとんど会社と家を往復するような毎日です。

季節も夏に近づく頃、私は夢の中でおみこしを見ていました。

お祭りなど人の多い場所は苦手だったのですが、この時に見た情景がとても楽しく忘れられません。

私は思い切って夏祭りに出かけることにしたのです。

夏祭りへは一人ででかけたのですが、とても楽しいものでした。

その日から私の日常に変化が訪れ始めたのです。

学生の頃、サークルで少し短歌を嗜んでいたのですが、もう一度行ってみようかという気分になりました。

社会人のサークルを見つけて、そこへ入会したのです。

少し前までの自分では考えられないことでした。

今では趣味が共通の友人もでき、週末には飲みに行ったりしています。

私の日常にも、ほんの少しですが華やかさが出てきたように感じています。

最後に

おみこしは神様を乗せていくものとされています。

そこにあなたが乗っていることはもちろん、担いでいたり見ていたとしても、神様に近い場所にいる、とも言えます。

あなたの現実世界での過ごし方がどんなものだったとしても、劇的な変化の時期にいるのかもしれませんね。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする