【夢占い】初詣で願い事をする意味は?神社に行く、着物を着る意味も体験談を交えて解説




日本の伝統行事である、初詣。

特に信仰が深いわけではありませんが、年の始まりには初詣に行くという方が多いのではないでしょうか。

私も、正月には地元の神社に行くのが毎年の恒例行事となっています。

さて、そんな初詣が夢に出てきた時、それはどのような意味を表しているのでしょうか。

今回は、初詣にいく夢・神社が出てくる・願い事をする・着物を着る夢の意味を解説いたします。




夢のシンボルとしての初詣

夢のシンボルとしての初詣の意味は、転機・未来への期待を表しています。

現実で初詣と言うと、また新たな1年が始まるという印象だったり、何か願い事をしたりしますよね。

このような印象が潜在意識に残っているために、転機・未来への期待を表す夢として初詣がシンボルになるようです。

基本的には縁起の良い夢とされていますが、シチュエーションによっては注意が必要な場合もありますので、夢からのメッセージを正しく受け取りましょう。

それでは、シチュエーション別の意味の解説をして参ります。




初詣にいく夢の意味

初詣にいく夢の意味は、心機一転の暗示となります。

新しい一年の始まりを象徴する初詣にいく夢を見たあなたは、心機一転してまたイチからやり直したいという欲求をお持ちです。

あなたは、現在の状況は刺激が足りずやや物足りないとお考えではないでしょうか。

もしくは、辛すぎてこれ以上前に進めず、いっそのこと最初からやり直したいと悩んでいるのかもしれません。

どんな状況にせよ、「もう一度始めたい」という熱量は持っている事に注目しましょう。

あなたには、まだ走り出せるだけの力が残っているのです。

今から何かを始めても遅いことなんてありません。

じっくりと新しいことや、何から手をつけるべきかを考えてみてはいかがでしょうか。

初詣で神社が出てくる夢の意味

初詣で神社が出てくる夢の意味は、対人運の上昇を暗示しています。

良縁に恵まれる事が多いので、積極的に人の集まる場所に出かけてみましょう。

仕事では上司などから良い評価をしてもらえることも。

ただし、気を抜かずに普段通りの自分を心がけてくださいね。

夢に出てきた神社がボロボロだったり、崩れていた場合は要注意。

あなたがストレスを抱えるような出来事に巻き込まれることを予期しています。

それを避けるのは難しいため、巻き込まれる覚悟とそのあとのストレス解消方法を用意しておくとすぐに解決できそうです。

ちなみに、神社といっても、それぞれのご利益や力の強さが違うことはご存知ですか?

地方には特に有名な神社が多いイメージですが、東京にもご利益の強い神社はあるんです。

私はあまりスピリチュアルを信じないタイプだったのですが、こちらの本を参考に散歩程度の気持ちで神社を周ってみると、確かに体が熱くなる感覚がありました。

首都圏にお住いの方にはとても参考になる本ですので、ぜひご覧ください。

東京 最強のご利益神社270撰 [ 瀧島有 ]

created by Rinker
¥1,430 (2021/01/27 07:39:51時点 楽天市場調べ-詳細)

初詣で願い事をする夢の意味

初詣で願い事をする夢の意味は、不安・迷いを表します。

自分の力ではどうすることも出来ず、神頼みしかない状況です。

もしくは、神頼みして楽をしようとしているのです。

あなたが今壁に当たっているのであれば、すぐに回り道するのではなく、どうすればそれを乗り越えられるのか・壊せるのかを考えてみましょう。

それから、第三者に協力を要請したりすれば、大抵のことは解決できるはず。

ちなみに、初詣は願い事をする場ではないってご存知でしたか?

初詣というのは、神様に昨年無事に過ごせたお礼と、これからの1年を宜しくお願いしますと報告する場なのです。

来年の初詣は、ぜひ神様にお礼を伝えてくださいね。

初詣で着物を着る夢の意味

初詣で着物を着る夢の意味は、恋愛運の上昇を暗示しています。

1年の間でもなかなか着る機会のない、着物。

せっかく着たのなら、やはり異性や多くの人に着物姿を見てほしいですよね。

そんな着物を着る夢は恋愛運の上昇を表しており、さらに初詣という縁起の良い夢の力もプラスされます。

あなたの魅力はとても高まっているため、少し自分から動くだけで良い出会いが訪れるでしょう。

初詣で神社が出てくる夢を見た人の体験談

IT企業で働くサラリーマンの体験談です。

入社5年目になる彼は、若手中心の会社の中ではそこそこの戦力として働いていました。

ある時、部下を数名抱えたプロジェクトのチームリーダーを任され、彼は一層仕事熱心になったようです。

毎日毎日遅くまで仕事を続けました。

もちろん、部下を巻き込むわけには行かないと自分一人だけ残業するつもりだったのですが、彼の熱量に感化された部下たちも共に残業するように。

一致団結したかに見えたその日の夜、彼はボロボロの神社へ初詣に行く夢を見たそうです。

縁起の悪い夢だと思った彼は、なんとなく夢の意味を調べてみることに。

すると、ストレスを抱えるような出来事に巻き込まれることを示唆していました。

もしかするとプロジェクトが失敗するのかもしれない、そう考えた彼は、仕事でミスがないか入念なチェックをしながら、部下や自分のストレスケアにも力を入れることに。

やがて、プロジェクトが完成間近というタイミングで、なんとそのプロジェクトの打ち切りが決定したのです。

会社の方針ということでそれ以上何も言えず、自分たちの努力が全て水の泡になったと挫折しかけましたが、ストレスケアをおこなっていたために、部下たちとすぐに切り替えることが出来ました。

夢からの警告に従っておいて正解だった、と彼は語ってくれたのでした。

最後に

ここまで、初詣の夢について解説しました。

初詣の夢には、転機・未来への期待といった意味がありましたね。

基本的には運気の上昇など吉夢である事が多いですが、シチュエーションによっては危険な警告夢になることも。

夢からのメッセージを正しく理解するように心がけましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする