【夢占い】動物園が舞台の夢の意味とは?熊や象、ライオンが出てくる時や逃げるシーンも合わせて解説




動物園が舞台の夢って、なんだかワクワクしますよね。

夢の中で動物園を体験できてラッキーなんて思ったり。

さて、そんな動物園は夢占いにおいてどんな意味を持つのでしょうか。

熊や象、ライオンが出てきたり、飼育員が登場するリアルな夢、はたまた動物が逃げるシチュエーションなどを解説していきます。



夢のシンボルとしての動物園

夢のシンボルとしての動物園は、「不自由」「抑圧」を意味しています。

本来の動物園とは、檻に入れられた動物たちを眺める楽しい場所です。

しかし夢においては、不自由な環境にある自分という存在を、潜在意識で檻に入れられた動物たちに変換しているのです。

動物園の夢は凶夢であることが多く、ストレスを貯めている時にもよく見られるでしょう。

また、夢に出てくる動物やシチュエーションによってその意味も異なります。



動物園の飼育員が登場する夢の意味

動物園の飼育員が登場する夢の意味は、2通りあります。

自分が飼育員になっている時、それは誰かを支配したいという欲求が高まっていることを暗示しています。

それは恋人か友人か、仕事の関係人物かは知り得ませんが、自分の意にそぐわない行動をされていて、もっと思い通りに操りたいと思っているのでしょう。

強い支配はトラブルのタネになるので、ほどほどにするよう心がけましょう。

逆に、自分以外の何者かが飼育員になっている場合は、その人物の束縛を感じていること表しています。

自分がその束縛を嫌だと感じているのであれば、大きな問題になる前に相手としっかり話しをするべきです。

動物園から動物が逃げる夢の意味

動物園から動物が逃げる夢の意味は、抑えていた感情が爆発する寸前まで来ていることを表しています。

普段から束縛されたり、不自由な環境に置かれているあなたはストレスを抱え込んでいます。

そのストレスは自分が思う以上に大きくなっており、爆発寸前のところまで来ているのです。

感情を爆発させると、今まで溜め込んでいた思いを発散させるチャンスであるとともに、精神的な病に陥ってしまう可能性もあります。

手遅れになる前に誰か心を開ける人物に相談するか、趣味に没頭するなどストレスを軽減させましょう。

動物園で熊が出てくる夢の意味

動物園で熊が出てくる夢の意味は、精神的に追い詰められていることを示しています。

田舎の山村などにも出没する熊は、凶暴性の象徴です。

あなたは凶暴性に怯え、逃げ出したいと願っています。

その凶暴な人物は、おそらく身近にいるでしょう。

会社の上司か、嫌いなクラスメートか、家族かは本人にしかわかりませんが、話がまったく通じない・自分の意見を押し付けてくる人物である事は確かです。

あなたがそのように感じる人物と接してもなんの得にもなりません。

この機会に一切の関係を断ちましょう。

「断捨離」という言葉は、昔流行ったこともありご存知の方も多いかと思います。

不要なものを捨て、身軽に生きることで真に必要なものが見えてくる、というものです。

これは人間関係にも当てはまります。

多くの人から良くみられようと、八方美人になっていては、疲れ果ててしまいますよね。

あなたが本当に必要である、関係を絶ってはいけないと思う人以外は、意外と連絡しなくても生きていけるものです。それだけで楽な気持ちになるのなら、ありがたいですよね。

そんな処世術を紹介している本をご紹介します。

タイトルは「50歳からの」となっていますが、全世代に共通の内容になっています。

「新しい自分」と生きるために 50歳からラクになる人生の断捨離 (祥伝社黄金文庫) [ やましたひでこ ]

created by Rinker
¥649 (2021/01/26 02:22:37時点 楽天市場調べ-詳細)

動物園で象が出てくる夢の意味

動物園で象が出てくる夢の意味は、みなぎるエネルギーを暗示しています。

大きく存在感がありながら、ゆったりと大人しい印象を受ける象は、幸せやパワーの象徴です。

あなたはこれからどんどんエネルギーに満ち溢れ、なにごとに対しても前向きになれるはず。

多少の困難であれば勢いで乗り越えられるので、どんどんチャレンジしてきましょう。

象が出てくる夢は吉夢であることが多く、運気も上昇していきます。

動物園でライオンが出てくる夢の意味

動物園でライオンが出てくる夢の意味は、戦いやトラブルの前触れです。

重要な会議や、試合前などにライオンが出てくる夢を見る事があります。

恐れていない証拠でもあるので、自信を持って戦いに挑みましょう。

また、トラブルの予感がしている時にも夢にライオンが登場する場合があります。

あなたはそのトラブルに気が付いているはずなので、前もって軽減させるか回避できるような行動を心がけてみてください。

彼氏が動物園の飼育員になっている夢の体験談

都内の大学に通う女子大生の体験談です。

彼女には高校時代から付き合っている同い年の彼氏が居ました。

放課後は一緒に帰り休みの日にはデートをする、ごく普通のカップルです。

しかし、彼氏は地元の大学へ進学する事になり、都内で一人暮らしを始めた彼女とは電車で2時間ほどのプチ遠距離恋愛になってしまいました。

毎日顔を合わせていた頃に比べると会える時間は減りましたが、とはいえ電車で2時間。

休みの日には会えるし、なんの不自由もないと彼女は考えていました。

ある日、彼女は大学で文化祭実行委員のサークルに入る予定だと彼氏に伝えたところ、彼氏は猛反対。サークル活動を禁止されてしまったのです。

ケンカしたことのない彼女は、彼氏の言い分を黙って受け入れる事にします。

しかし、これが彼氏の束縛の始まりでした。

彼女は奨学金を借りており、アルバイトで少しでも生活費を稼ごうと計画。

そして喫茶店のアルバイト面接に見事合格し、彼氏にアルバイトに受かったと嬉しそうに報告すると、彼氏は急に不機嫌に。

どうやら、男性が働いている職場が気に食わなかった様子で、別のバイトにしろと強要してきます。

しかし、喫茶店で働いてみたかった彼女は彼氏に反発。大げんかになったあげく、しぶしぶアルバイトを諦める事になりました。

その日の夜、動物園で彼氏が飼育員となり働いている夢を見たそうです。

それからと言うもの、大学で交流のある人物を無理やり紹介させられ、毎日夜にはテレビ電話を繋ぎ、男がいる飲み会には一切の参加禁止を命じられました。

日に日に強くなる束縛の中、再び同じ夢を見ます。

しかしその時、彼女は檻の中で彼氏に飼育されていました。

うなされて目を覚ました彼女は、ついに自分の限界を感じ、周りの友人の協力を得てなんとか彼氏と別れることができたそうです。

最後に

動物園の夢、いかがでしたでしょうか。

様々な動物が一堂に会し、さらに飼育する・されるという関係性があることから、エネルギーのベクトルも様々な方向に向いている場所とイメージできますよね。

その中であなたがどの立場で、どんな感情で過ごしていたかが非常に重要なポイントです。

自分自身でも夢を解釈できるようになれば、より暮らしやすい日々が待っていますよ。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする