【夢占い】雪かきが終わらない意味とは?スコップでかまくらを作る意味も解説!




雪かきの経験はありますか?

暖かい地方や首都圏に住んでいる方にとっては、馴染みが薄いかもしれません。

スコップでささっとやればお終いとお思いでしょうが、実は結構な重労働なんです。

足場は悪いし雪は重いし腰は痛いし…何より、積雪地方ではこれを毎日やらなければならず、度々生活問題にも取り上げられています。

そんな雪かきの夢を見た時、それはどのような意味を示しているのでしょうか。

今回は、雪かきの基本的な意味から、スコップで地道に雪かきをする夢・雪かきが大変・終わらない夢・かまくらの夢などを解説いたします。




夢のシンボルとしての雪かき

夢のシンボルとしての雪かきは、リフレッシュ・整理を意味しています。

雪は、交通の便が悪くなるし歩きにくいし、基本的には邪魔ですよね。

雪かきをすれば、そんな邪魔なものが無くなりスッキリするように、リフレッシュを表しているのです。

また、心や物事の整理をつけようとする時にも、雪かきの夢を見る傾向にあります。

整理をつけてまた次に進みたいという前向きな感情なのでしょうね。

雪かきの夢を見た人は、心当たりがあるはず。

そこから逃げずに、しっかりと向き合うことを意識してみると新しいことが見えてくるかもしれません。




スコップで地道に雪かきをする夢の意味

スコップで地道に雪かきをする夢の意味は、少しずつ気持ちの整理をつけている状態を表します。

あなたは自分の中で整理しなければならないことをしっかりと理解できており、それに対して前向きに向き合っているのです。

物事の中には、そう簡単に整理がつかないこともたくさんあります。

中には目をそらしたいようなこともあるでしょう。

しかし、あなたはそこから逃げずに、少しずつでも前に進もうと努力しているのです。

たとえ小さなスコップでも続けていけばやがて雪かきが終わるように、地道な行動が次のステージへの活路を開いてくれるでしょう。

気持ちの整理のつけ方がわからない方には、こちらの本がおすすめです。

がんばり屋さんのための、心の整理術【電子書籍】[ 井上裕之 ]

created by Rinker
¥1,210 (2022/07/04 02:29:06時点 楽天市場調べ-詳細)

私も昔は、トラウマやなかなか忘れられない出来事などに悩まされていました。

そんな中、こちらの本と出会い、心の整理術を身につけたのです。

優しい文体で書かれたこの本には、励みや優しさ溢れる言葉が散りばめられており、どこか心が軽くなるような気持ちになれました。

精神的に疲れているなと感じている方にはぜひおすすめです。

雪かきが大変な夢の意味

雪かきが大変な夢の意味は、自分にとって邪魔なものや目障りなものを排除したいという気持ちの表れです。

例えば、恋のライバルは自分にとって危機ですよね。誰よりもその人のことを想っているのは自分のはずなのに、ライバルのせいで上手くアピールできなかったり。

どうにかそのライバルを排除できないかと悩んでいる時、雪かきが大変な夢を見るようです。

あなたはまだ、その排除したいものをどうやって排除するべきか考えついていません。

ひょっとすると、それは自分の中の嫌な一面で、排除されるべきは自分自身の可能性もあるでしょう。

まずは冷静になり、何を排除したいと思っているのかをハッキリとさせましょう。

その後、はたして排除することが本当に正しいのかをよく考えてみることが必要です。

雪かきが終わらない夢の意味

雪かきが終わらない夢の意味は、無駄を続けていることの暗示です。

勉強でも仕事でも、心のどこかで無駄だと感じていることがあるはず。

いっそ止められたら解決なのですが、そう簡単な話でもないですよね。

それでは、なぜ無駄だと思うのか、逆にどうすればそれが必要なことだと感じられるのかを考えてみてはいかがでしょうか。

たとえ無駄だと思っていることでも、考え方一つできっと良い経験に変えられるはず。

雪かきをしてかまくらを作る夢の意味

雪かきをしてかまくらを作る夢の意味は、努力が実ることを予期しています。

かまくらは上手に作らないとすぐに崩れてしまったり、なかなか難しいですよね。

冷たい雪をコツコツと積み上げていくように、地道な努力を続けた結果が間も無く出るでしょう。

雪かきが終わらない夢を見た人の体験談

大手菓子メーカーに転職した営業社員の体験談です。

その会社は創業80年を超える歴史ある会社でした。

彼は零細企業でコツコツと営業スキルを伸ばし、ついに大手企業への転職の成功に大喜びしたとのこと。

配属先も営業部で、自分の力を発揮できるとワクワクしていたようです。

いざ仕事が始まるとまた1から勉強することが多く、なかなか思うような成績が出せず苦労していました。

また、営業マニュアルが徹底されていたのもあり、自分の思い描いていた転職生活とは程遠かったようです。

そんなある日、彼は雪かきが終わらない夢を見ました。

雪国育ちの彼は、その夢がどうも不気味でなんとなく意味を調べてみることに。

すると、無駄を続けていることの暗示だと知りました。

彼は、心のどこかで新しい仕事に無駄が多いと感じていたものの、それを表に出さないようにしていたのです。

しばらくは我慢を続けますが、やがて耐えきれずに彼は改善案を提出しました。

すると、会社の上層部も古く凝り固まった考え方を変えたいと思っていたようで、彼の改善案に目を通してくれたのです。

彼は、夢のおかげで無理せず働けるようになった、と語ってくれました。

最後に

ここまで、雪かきの夢について解説しました。

雪かきの夢には、リフレッシュ・整理という意味がありましたね。

雪かきの夢を見た時は、物事を改めて見返したり、自分の中で必要のあるものとないものを見定めるいい機会かもしれません。

夢からのメッセージに従い、心を整理してみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする