【夢占い】寝る夢の意味は?布団で寝てる人、起きる、寝る準備の夢の意味も解説




布団で寝る時間はまさに至福ですよね。

一日の疲れがゆっくりと溶け出すようなあの時間はとても気持ちの良いものです。

今回の夢占いは寝るという行為が夢の中でシンボルとなり現す意味を解説します。

寝ているのに寝る夢を見るなんて不思議な気持ちになりますよね。

寝る準備をしている夢や起きる夢、寝てる人が出てくる夢など体験談を交えながら夢占いしていきます。

最後まで楽しんで下さい。




夢の中で寝ることがシンボルとなり現す意味

寝る夢は現実逃避の願望を現す場合が多くあります。

もしかすると寝る間もないくらいに多忙な日々を送っているのかもしれません。

まさに現実に目をつぶってしまいたいと思うような出来事が起こっているのではないでしょうか?

以下に詳しい解説を記しますので、夢からのメッセージをしっかり受け取って生活に活かして下さいね。

夢の中で寝る夢の意味

寝る夢の中でも、布団が印象に残る夢の場合、その布団の状態を思い出してください。

例えばふわっとした、見るからに気持ち良さそうな布団は貴方の精神が安定していることを示しています。

現状に満足しており、恋人や家族との関係も安定しているでしょう。

一方でぺちゃんこの薄い布団だった場合は不安定な心の現れです。

もし汚れが目立つようでしたら、体の病気も疑って下さい。

一日の終わりに潜り込む布団は自分の安全基地の象徴です。

貴方が安心して帰れる場所があるかどうか、これを機に考えてみると良いでしょう。

夢占いにおける布団の状態はもちろん、実際の睡眠の質も貴方の心の健康に大きく影響していることをご存じですか?

幸せな自分を感じながら、あるいは理想の自分をイメージしながら入眠することは精神衛生上とても良いとされています。

私はその状態に導く手助けとしてCDブックを活用しています。

寝起きにすっきりしない人や、なかなか寝付けない人はもちろん、良い夢を見たい貴方にもお勧めです。

幸せになれるドリーム瞑想CDブック 聴きながら眠るだけ [ ウィリアム・レーネン ]

created by Rinker
¥1,760 (2021/10/17 05:45:14時点 楽天市場調べ-詳細)




眠りから起きる夢の意味

起きる夢は貴方に変化に気付くタイミングを知らせています。

初めに、寝る夢は貴方の現実逃避願望を表現しているとお伝えしましたが、起きる夢の場合はもう少しポジティブな要素が加わり現実打破と解釈していいでしょう。

逃避というのはまさに逃げることですが、今回の場合は現状を冷静に受け止めて、改善するための突破口を探っている状態です。

問題解決の糸口や、新しいチャンスを掴むためのきっかけがすぐそこまで来ています。

アンテナをしっかり貼ってその時を逃さないようにして下さい。

寝る準備をする夢の意味

この夢は貴方の恐れを現しています。

今大きな悩み事を抱えていませんか?

もしくは失敗の許されない責任を抱えているかもしれません。

貴方はそのことでソワソワし、落ち着きのない状態で日常を過ごしています。

きっと夢の中で寝る準備をしながら、今夜は眠れるかな?と思っていたり、何度も布団の位置を手直ししたりしていたはずです。

その原因は貴方の逃げの姿勢にあるようです。

この夢を見たら、目の前に迫る問題から逃げず一度正面から向き合ってみて下さい。

逃げれば逃げるほど恐怖心ばかりが膨らみ余計な心配が増えます。

腹を決めて向き合ってみましょう。

寝てる人が出てくる夢の意味

この夢を見た人は今頭が冴えているようです。

冷静に現実を分析することができ、心に余裕があります。

自分が眠ることで現実世界から引き離されるのではなく、寝ている人を客観的に見つめているその姿に余裕と冷静さが現れています。

寝てる人を見ている時、どんな気持ちでしたか?

きっと安らかで幸せな気持ちだったのではないでしょうか。

もし今何らかの問題を抱えていて場合、間もなくそれはすっかり解決してしまうでしょう。

寝てる人の夢を見た私の体験談

3年ほど前の話しなのですが、私は金銭的に問題を抱えていました。

当時お付き合いしている男性からお金を貸して欲しいと申し出を受け、50万円を渡してしまったのです。

その彼のことが大好きだったので、それ自体には何の迷いも後悔もありませんでした。

しかし、その彼からの返済が滞り、挙げ句の果てに連絡も取れなくなってしまったのです。

その彼とは5年交際していたので、精神的に大きなショックを受けましたし、なんて馬鹿な女だろうと自分自身を責めもしました。

落ち込み泣きながら眠る夜を繰り返していたある日、寝ている彼を夢に見ました。

彼は布団で寝ており、とても気持ちが良さそうで安らかでした。

そしてその光景を見た時、私自身も「気持ちが良さそうで良かった」と安心した心境になったのです。

そして目が覚めると、私はこれまでの鬱々とした気分から一気に解放され、まるでなにごとも無かったような晴れやかな気持ちになっていたのです。

なぜそんな気持ちになるかわからなかったのですが、こんな仕打ちを受けても尚、気持ちよさそうに寝ている彼を見て良かったと思える自分自身の純粋さが嬉しかったのです。

きっと泣きながら眠る毎日を繰り返すうち、悲しみはすっかり浄化され、冷静さを取り戻していたのでしょう。

夢がそれを証明する為にその光景を私に見せてくれたのだと思います。

最後に

いかがでしたか?

寝ている最中に寝る夢を見るのも不思議ですよね。

様々な解釈がありましたが、皆さんが夢からのメッセージを受け取ってより良い毎日を過ごせるようにお祈りしております。

最後まで読んで頂きありとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする