【夢占い】クリスマスの夢の意味とは?一人で過ごす・街並み・飾り付ける夢などを解説




1年の中のビッグイベントでもある、クリスマス。

子供の頃はプレゼントやケーキ、サンタクロースなど楽しみで仕方がなかったですよね。

大人になるにつれて、恋人と過ごしたり、はたまた仕事に追われてそれどころではなかったり。さまざまな過ごし方に変わります。

そんなクリスマスが印象的な夢を見た時、それはどのような意味を表しているのでしょうか。

今回は、クリスマスの夢の基本的な意味から、一人で過ごす・飾り付ける・イルミネーションを見る・街並みが印象的な夢のシチュエーションを解説致します。




夢のシンボルとしてのクリスマス

夢のシンボルとしてのクリスマスは、願望の達成・トラブル、悩みの解決・恋愛運の上昇を表しています。

クリスマスを楽しく過ごしていたり、欲しいプレゼントを手に入れた夢ならば、あなたの願いが叶う事の予期です。

また、今現実で頭を抱えている悩みやトラブルも、自然の流れで解決出来るはず。

悩みすぎずに、流れに身を任せましょう。

最後に、恋愛運の上昇も表します。

夢に好きな人や恋人が出てきた時は、特に高まる傾向です。

普段よりも積極的な態度で居るとあなたの魅力が増すでしょう。




クリスマスを一人で過ごす夢の意味

クリスマスを一人で過ごす夢の意味は、積極的な自分に変わりたいという願望を表します。

夢と同様に、普段から一人で居る事が多いのではないでしょうか。

そしてコミュニケーションが苦手と自負しており、自分を変えたいと願っているはず。

待っていたり、周りに期待しても環境が変わるだけで自分は変わりません。

自分を変えるには自分の行動が必要です。

ひょっとすると、人と接する事を恐れていないでしょうか。

実際に接してみれば大したことはないのですが、そのきっかけが掴めないでいるのです。

まずは、身近な人物との関係を一歩深めるところから、少しずつ変えていきましょう。

自分を変えるのには、こちらの本が参考になります。

一瞬で自分を変える法 世界No.1カリスマコーチが教える / アンソニー ロビンズ 【本】

created by Rinker

私も自分を変えるために色々手を尽くしたのですが、この本がもっとも信憑性もあり参考になりました。

スティーブ・ジョブズを例にあげていたり、とてもわかりやすいノウハウがたっぷり詰まっています。

ぜひご覧ください。

クリスマスの飾り付けをする夢の意味

クリスマスの飾り付けをする夢の意味は、幸運が舞い込むことを予期しています。

夢での飾り付けが豪華なほど大きな幸運が訪れるでしょう。

その幸運を掴み損ねることにだけは要注意。

クリスマスの街並みが印象的な夢の意味

クリスマスの街並みが印象的な夢の意味は、あなたの希望や夢がどの程度叶っているかを表しています。

キラキラと綺麗で楽しい印象の夢だったならば、あなたが願うことは間も無く叶うでしょう。

反対に、寂しい印象を受けたならば、その願いは当分叶わないことの暗示です。

どちらの夢であったにせよ、驕らず、常に向上心を持って過ごす事が、願いを叶える最短距離になります。

クリスマスのイルミネーションを見る夢の意味

クリスマスのイルミネーションを見る夢の意味は、あなたの才能が豊かになることを暗示しています。

これまでコツコツと積み上げてきた経験が強い武器となったり、新たな才能を発掘する可能性があります。

苦手で避けてきた事や、普段ならば絶対にやらないような分野に挑戦してみると、思わぬ成績を残せるかもしれません。

クリスマスのイルミネーションを見る夢を見た人の体験談

サッカー一筋だった青年の体験談です。

彼は幼稚園からサッカーを始め、将来はプロとして活躍するのが夢でした。

小学校・中学校に上がってもその夢は変わらず、地元のサッカーチームではちょっとした有名人になるほど実力をつけます。

高校は推薦で県外のサッカー強豪校に入学し、寮生活をしながらのサッカー三昧な日々を送ったそうです。

1年生でレギュラーを勝ち取り、やがてはU-17の代表選手に選ばれるなど、まさにプロへの道を進んでいました。

しかしある日、練習中に膝を怪我してしまいます。

痛みも鈍かったため、大した怪我ではないと代表試合に向けて練習を続けたのですが、それが不幸の始まりでした。

やがて痛みに耐えられないほどになり病院へ行きましたが、時は既に遅く、彼の膝には後遺症が残りサッカーが出来なくなってしまったのです。

サッカー以外何もしてこなかった彼からサッカーを取ると、何も残りませんでした。

絶望し、自殺を考えるほどだったある日、クリスマスのイルミネーションを見る夢を見たそうです。

なんとなくその夢の意味を調べてみると、新たな才能を発掘する可能性がある事を知ります。

しかし、サッカーをなくした今となっては、何も気力が湧きません。

そんなある日、美術の授業で彫刻を掘る事になったのですが、先生は彼の作品を大絶賛し、彫刻の賞に応募させました。

すると、なんと最優秀賞を獲得したのです。

彼はその成功体験から、少しずつ気力を取り戻して行きました。

今では、美大に通うべく美術を学んでいるそうです。

彼は、これからは夢に従って広い視野でさまざまな体験をしようと思う、と語ってくれました。

最後に

ここまで、クリスマスの夢について解説しました。

クリスマスの夢には、願望の達成・トラブル、悩みの解決・恋愛運の上昇といった意味がありましたね。

基本的に吉夢である事が多いですが、それを知った事で油断したり手を抜くと痛い目を見ることに繋がりかねません。

幸運が舞い込むのは、今までのあなたのひたむきな姿勢があったからという事を忘れないでくださいね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする