【風水】金運がアップする数字を選ぶと宝くじが当たる!?2桁、3桁、4桁別にご紹介




数字の持つ特別な力をご存知でしょうか。

数字には、過去数千年前からさまざまな運勢を決定するパワーを持つと言われてきました。

現在でも、その数字の力は形を変えて存在しているのです。

例えば、画数

普段は数字なんて気にしない人でも、名前を付けるときは妙に意識しますよね。

これは、はるか彼方の前世の頃、あなたが数字の力の恩恵を授かっている時の記憶が潜在意識に残っているためなのです。

特に占い師と呼ばれる人たちはその記憶が鮮明に残っているため、運勢を見ることが出来ると言われています。

簡単な数字の成功例としては、芸能人の改名があります。

鳴かず飛ばずで悩んでいた芸人などが、占い師に相談したところ改名を勧められ、実際に名前を変えただけでブレイクした、なんて話聞いたことありませんか。

これが数字の持つ力です。

今回の記事では、金運アップに関する2桁、3桁、4桁の数字をご紹介。

金運がアップすると宝くじの当たる可能性も増大します。

ぜひ、ご紹介する数字を参考に、金運アップを目指しましょう!




金運がアップする2桁の数字【24、37】

まずは、金運がアップする2桁の数字をご紹介いたします。

2桁の数字はもっとも馴染みが深く、生活に根付いている数字です。

どんな数字も、突き詰めれば2桁に集約するとも言われています。

パっと数字を問われた際も2桁で思い浮かべることが多いはず。

2桁の数字というのは、潜在意識を引き出す特別な力を持つのです。

その中でも特に金運アップの数字は、「24、37」になります。

まず、24という組み合わせは最高の幸運として知られている数字

どんな運勢をも高める力を持ちます。

金満豊財とも呼ばれ、財産に関する成功を収めたり、玉の輿やセレブリティな生活などを送ることも夢ではないでしょう。

続いて、37は金運における大吉数と言われています。

財布や預金口座には37円、3千700円、3万7千円といった具合に区切って入れておくと特に金運が上がるようです。

また、散財しない数字とも呼ばれ、正しいお金の使い方が出来るようになるでしょう。

ただし、「0、1、6、8、9」の中の2桁の数字の合わせには気をつけてください。

逆さから読むと数字が変わる組み合わせは縁起が悪く、さまざまな運勢が急降下してしまう恐れがあります。




金運がアップする3桁の数字【358、369】

金運がアップする3桁の数字としては、「358、369」になります。

3桁の数字を選ぶ機会はあまりないため、決める時には特に意識する必要があるのです。

まず、358は歴史的に見てもなかなか面白いエピソードがあります。

およそ2500年前、お釈迦様が悟りを開いた瞬間が、誕生から35歳と8ヶ月と言われています。

また、中国三大小説の1つ、最遊記で三蔵法師と共に旅をした仲間の名前を覚えていますか?

カッパのサゴジョウ。猿のゴクウ。豚のハッカイ。

頭文字を取ると、サ・ゴ・ハ、つまりは358になるのです。

このように、358は神聖な数字の組み合わせとされており、金運もグンと上がることが期待できます。

先ほどの頭文字から数字を読み取れるのとは逆に、369はミロクとも読めますよね。

つまり、この数字は弥勒菩薩の加護を受けている数字です。

弥勒菩薩には金運開眼と呼ばれる力があるとされているため、3桁の数字を選ぶ際には369を覚えておきましょう。

<合わせて読みたい>

生まれたばかりの赤ちゃんにもある手相。 線が新たにできたり消えたりと、変わることもよくあるそうですね。 革命家や歴史上の...
身体を使った占いといえば、手相が代表的ですよね。 歴史上の偉人やこれまでに成功を納めてきた人たちには、共通の手相があったと言われています。...
「お金が欲しい!」というのは誰しもが持つ欲求です。 金は天下の回り物と言う言葉があるように、お金は集まる理由のある人のところに集まりま...

金運がアップする4桁の数字

最後に、金運がアップする4桁の数字です。

4桁には暗証番号やナンバープレートなど、自分で選ぶ機会の多い数字と言えます。

自分で選択する数字というのは、特に吉凶の影響を受けやすいため、間違った数字を選ばないように注意しましょう。

選び方としては、金運アップの2桁の数字の前に、ゾロ目の数字2桁を組み合わせます。

例えば、先ほど2桁の数字の項目でご紹介した24、37。

この数字の前にゾロ目を組み合わせると、なんとその効力が倍増すると言われています。

1124、5537など。

パチンコやルーレットなどのあたり目がゾロ目であるように、同じ数字が揃うことには古くからの意味があるのです。

また、4桁の際は7777のゾロ目も金運アップに良い数字になります。

暗証番号などには危険ですが、それ以外の場面ならばぜひご活用ください。

宝くじにオススメの金運アップ数字

宝くじで数字を選ぶ際は、自分のエンジェルナンバーを算出し、それと組み合わせると良いでしょう。

エンジェルナンバーの計算方法は以下になります。

①生年月日を1桁の数字に分解します。

1995年10月25日誕生日ならば、1・9・9・5・1・0・2・5。

②この数字を1つずつ全て足し合わせます。

1+9+9+5+1+0+2+5=32

ここで算出された2桁の数字があなただけのエンジェルナンバーになります。

もし1桁になった場合は、その前に0をつければOK。

この2桁の数字に、宝くじを購入する日付を組み合わせると良いでしょう。

また、4桁以上の数字を選ぶ際は、今回の記事で解説した2桁、3桁、4桁の数字を後付けしていけば最高の金運状態で宝くじを購入できます。

この方法で宝くじを買った人には、実際に高額当選し現在は占い師として数字の力を世に広めている人もいます。

最後に

ここまで、金運アップに関する数字をご紹介しました。

数字の力は数千年前から伝わり続けるほど特別です。

普段何気なく選んでいる数字を少し意識して変えるだけで、まったく違う結果が待っていることでしょう。

今回ご紹介した2桁、3桁、4桁の数字を参考にして、金運アップを目指しましょう!

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする