【夢占い】タバコを吸う夢の意味は?火事、吸う人、吸い殻が印象に残った場合も解説!




あなたは普段タバコは吸いますか。

喫煙をしない方にとってタバコの煙はストレスですよね。

タバコを吸う習慣がある方なら、夢の中でもタバコを吸っているかもしれません。

タバコを普段吸わないのに夢の中で吸うことだってあります。

タバコを吸う夢には一体どんな意味が込められているのでしょう。

今回はタバコを吸う夢占いについて詳しく見ていきましょう。



夢のシンボルとしてのタバコ

タバコには「休息が必要な状態」、「ストレス」や「人間関係」などの暗示があるようです。

タバコは休憩タイムの時欠かせない、という方もいるでしょう。

大人にとって嗜好品のひとつですよね。

以下にタバコの夢占いの内容を詳しく見ていきましょう。

タバコを吸う場合の夢占い

普段タバコを吸い慣れている方なら、休憩のためにタバコを吸うという方もいらっしゃるでしょう。

タバコを吸う夢を見ていたなら、疲れが溜まっていてリフレッシュしたい気持ちを表しているのかも。

普段タバコを吸わない人が夢の中でタバコを吸っているのは、リフレッシュしたい気持ちとは逆に、健康の低下を暗示しているかもしれません 。

健康に留意するようにとの忠告が、夢の中でタバコを吸う形となって表れているのでしょう。



タバコで火事になった場合の夢占い

寝タバコで火事になったというニュースもよく耳にします。

これが夢であったなら、とりあえず一安心ですね。

タバコで火事になった夢を見ているのは、予期せぬトラブルを暗示しているのかもしれません。

また日常的に寝タバコが習慣になっている方なら、夢の中で実際の事故を体感することで、用心するようにとの夢からの忠告なのかも。

タバコを吸う人を見る場合の夢占い

タバコを吸わない人がタバコを吸う人を見るのは、嫌だという方も大勢いるかと思います。

見知らぬ人がタバコを吸う夢を見ているのは、周りの人間に対するあなた自身の印象が投影された姿を現しています。

その人物が現実でも知っていた人だったなら、近い将来にその人に対する印象が変わる可能性を暗示しています。

タバコを吸っている人物の様子をよく思い出してみましょう。

あなたはどのような印象を持ったでしょうか。

タバコを吸う人物を見て、頼もしいと感じていましたか。

それとも、なんだか信用できない印象を持っていたでしょうか。

あなたが、あまりよくない印象を持っていたとしたら、自分自身に対して、あるいはタバコを吸う人物に対して、現実でもよく注意した方がよいかも。

タバコの吸い殻が現れた場合の夢占い

飲食店で働いている方なら、タバコの吸殻をよく目にする機会も多いでしょう。

タバコの吸殻が夢の中に現れるのは、日常的に溜まったストレスを暗示しています。

この時タバコの吸殻はどのような状態だったでしょうか。

手がつけられないほど散らばっていて、一生懸命片付けていたなら、心身の不調を自分でも感じていて、どうにかしようとしている心情を表しているかもしれません。

タバコの吸殻を誰かが片付けてくれていたなら、心身のストレスはそれほど大きなものではないようです。

現実でも仕事や勉強などを手伝ってくれる人物が、自分の周りにいることを表しているかもしれませんよね。

タバコの煙が印象に残った場合の夢占い

タバコを吸うことが健康によくないことはよく知られていますが、吸っている人の近くにいて、煙を吸うこともあまりよくない感じがします。

タバコの煙が夢の中に現れて特に印象に残っていたなら、現実でも自分に関係がない理由で、迷惑をかけられてしまうことを暗示しています。

あなたの周りにトラブルメーカーはいないでしょうか。

この夢を見た後だったなら、注意した方がよいかもしれません。

自分にとって危険だと感じた人物が近寄ってきたら、あまり近くに寄らないなど対策をしましょう。

そもそも縁を切ってしまうのは少し極端かもしれませんが、付き合い方を考えてみることもオススメですよ。

バカとつき合うな [ 堀江貴文 /西野亮廣]

created by Rinker
¥1,430 (2022/10/06 23:07:12時点 楽天市場調べ-詳細)

また、自分自身でも不用意な発言はしないなど、普段以上に気を配って、周りと接するようにした方がよいようです。

タバコを吸う人を見る夢占いの体験談

私が事務職として勤めていた時の話です。

夢の中で、同じ部署で働いていた部長が私の前に現れました。

その人は普段タバコなどを吸わないはずなのですが、夢の中では堂々と吸っていたのです。

その吸い方が妙に気味悪く、鳥肌がたった感覚を覚えています(実際に立っていたかもしれません)。

驚いている私の目の前で、部長はさらにポケットに手を伸ばしライターを取り出しました。

二本目に火をつけようとしたその途端、とんでもない嫌悪感とともにハッと目が覚めたのです。

この時期、私のグループの部署はあまり雰囲気がよくありませんでした。

受注するはずだった案件がキャンセルになったり、同僚がよくミスを連発したりなど、常に部長は社長に呼び出されて叱られていたのを覚えています。

夢を見た数日後、私が出張先の部長に電話をかけた時のこと。

普段大声などを出さないはずの部長が、私に対して声を荒らげたのです。

私自身は大きなミスや気に触るようなことはしていないはずなのに、です。

このことをきっかけにして部長に対する不信感が更に募っていきました。

職場の居心地が悪くなった私は結局、転職することにしました。

あの頃、夢でタバコを吸って現れた部長の姿は、まさに私が抱いていた不信感の表れだったのです。

最後に

タバコは百害あって一利なし、とはよく聞きますが、やはり夢占いでもあまり良いシンボルとしては捉えられません。

健康状態への警告だけではなく、あなたの周りで巻き起こるトラブルなども強いシンボルとしてあなたへ伝えてくれているのです。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする