【夢占い】新幹線に乗っていて途中下車する夢の意味とは?運転したり席が印象的だった意味も合わせて解説!




あなたは新幹線はよく利用しますか。

新幹線が好きすぎて、切符を集めているコレクターの方もいるようです。

ゲームセンターでもよく新幹線を運転するゲーム機なども流行っていますよね。

新幹線をよく利用するシーンといえばやはり旅行でしょう。

旅の途中で下車して、周りの景色を見るのも旅の醍醐味ですよね。

また、相席などして見知らぬ人との会話を楽しむのもよい思い出になります。

旅館に着いて一安心したのもつかの間、新幹線の中に忘れ物をしていたなんて苦い経験をしたこともあることでしょう。

今回は新幹線にスポットを当てて、夢占いの体験談とともに詳しく解説していきます。



新幹線のシンボルが現れた夢の意味とは

新幹線が夢に現れるのは「将来」、「人間関係」や「加速」などを暗示しています。

普段の出張などで頻繁に新幹線を利用する方なら、夢に見る機会も増えるかもしれません。

もし、あなたが今まで新幹線を一度も利用したことがなかったのなら、これから乗ることになるでしょう。

また、人間関係も暗示しているので、これから先あなたの人間関係が大きく発展することも表しています。

以下で、新幹線のシチュエーション別で違う夢の解釈を見ていきましょう。



新幹線で忘れ物をした夢の意味とは

毎日の通勤で新幹線を利用するという方もいらっしゃるでしょう。

下車する時にあわてて、つい忘れ物をしたこともあるかもしれません。

新幹線で忘れ物をする夢を見るのは、あなたの日常が忙しすぎて、大切なことが疎かになってくる恐れを暗示しています。

最近、仕事ばかりの生活になっていませんか。

たまには、趣味に没頭してみたり、家族とどこかに出かけるなどの気分転換も必要かもしれませんよ。

時間は誰にでも平等で、その24時間をどう使うかはあなた次第です。

仕事という好きでもない時間にそのほとんどを費やすのは、本当に望んでいることなのでしょうか。

以下の本には当たり前のことが書かれていますが、今一度人生について考え直すのに良い本があります。

一度目を通して見てはいかがでしょうか。

自分の時間1日24時間でどう生きるか【電子書籍】[ アーノルド・ベネット ]

created by Rinker
¥1,320 (2021/10/28 02:09:16時点 楽天市場調べ-詳細)

新幹線で途中下車する夢の意味とは

新幹線の途中下車も、窓から眺める景色とまた違った景観が楽しめます。

夢の中で新幹線に乗っているのに途中下車していたなら、あなたに休息が必要であることを暗示しています。

日々のストレスから抜け出して、リフレッシュしたい気分なのかもしれませんね。

この夢を見た後なら、思い切って会社を休んでみるのもよいかもしれません。

また、仲の良い友人を誘って旅行に出かけるのも、よい気分転換になるのでおすすめです。

他の解釈としては、あなたが今勤めている会社から、抜け出したいと感じていることも表しています。

自分にはもっと違う職種が向いていると感じているのかもしれませんね。

途中下車した場所の風景が、よい印象だったなら思い切った転職は吉である可能性が高いはずです。

新幹線を運転している夢の意味とは

新幹線の運転手に憧れたことがある方もいらっしゃるでしょう。

夢の中で新幹線を運転しているのは、自分の願望を夢の中で叶えていることの表れです。

また、これから忙しくなってくる自分の人生を、自分自身でコントロールする必要がある時にもよく見る夢です 。

この時、乗客は何人いたでしょうか。

たくさんの乗客が乗っていた場合、あなたの会社でのリーダーシップは今のところうまくいっているようです。

新幹線の向かう先がはっきりしていたなら、あなたは自分の理想に向かって順調に進んでいるということを暗示しています。 

これからもその調子で、安全運転を心がけて進んでいきましょう。

新幹線で席が印象的だった夢の意味とは

新幹線の席の座り心地のよさには、こだわっているという方もいらっしゃるかもしれません。

夢の中の新幹線で席が特に印象的だった場合、席の状態に注目してみてください。

席が綺麗で座り心地がよかったなら、あなたの健康運は上昇していることを暗示しています。

また、席は誰かがきていずれ座るものです。

からっぽの席は、あなたが誰かを待ち焦がれているということも表しています。

夢の中で気にかけていた人物は誰だったでしょうか。

現実でも心当たりのある人物だったなら、その相手との関係をあなたがとても気にかけていることを意味しています。

仲良くなりたいと感じているのなら、思い切って声をかけてみてください。

意外とスムーズに、関係が発展していくかもしれませんよ。

新幹線の切符が印象的だった夢の意味とは

新幹線の切符は、眺めているだけでも旅の雰囲気が感じられてきます。

夢の中で新幹線の切符が印象的だったなら、あなたは近いうちに人生の転換期を迎えることを暗示しています。

会社に勤めている方なら、人事異動であるかもしれませんし、引っ越しであるかもしれません。

いずれにしても、その変化はあなたが思っていたよりも、早い時期に訪れる可能性が高いでしょう。

または、あなたが実際に新幹線を利用する機会があるということも表しています。

夢で見た切符の日付にも注目してみましょう。

その日付けに、現実でも何かが起こるかも知れませんよ。

新幹線で席が印象的だった夢占いの体験談

私がまた学生の頃のことです。

就職を目前に控えていた私は、学校でも家でも常に、一般常識などの就職対策を頑張っていました。

勉強は嫌いなほうではなかったのですが、今思えば就職対策が気になるあまり、自分でも気が付かないうちに、ストレスが溜まっていたのかもしれません。

その日も深夜0時近くまで勉強を続けていました。

気が付くと私は眠っていたのです。

そして不思議な夢を見ました。

どこか知らない街の風景が窓から流れ、私は新幹線の席に腰掛けています。

私は一人だったので、向かい側の席は誰もいません。

けれど不思議に、私は誰かを待っているような気分になったのです。

そこで目が覚めました。

それから数カ月後、応募した会社の内定も決まり、一安心した時です。

私はふと、しばらく会っていない友人の事を思い出しました。

私は思い切って友人に連絡を取ることにしたのです。

久しぶりに電話で話すと、とても楽しく時間があっという間に過ぎます。

そして友人も私のことを気にかけてくれていたのだということを知り、とても嬉しくなりました。

あの日夢で見た新幹線の席は、私の友人が座る席であったのかもしれないと、とても不思議な気持ちになったのです。

最後に

新幹線は目的地まで速く送り届けてくれる乗り物です。

途中で駅をいくつも飛ばして行きますが、その中にはあなたが降りるべきだった駅もあるのかもしれません。

現実でも慌ただしい日常の忙しさにつられて、本当に大事なことを見逃さないようにしてください。

夢があなたに伝えてくれるメッセージを見逃さないようにしましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする