【夢占い】イルミネーションの夢の意味とは?デート・夜景・遊園地などシチュエーション別に解説




冬の醍醐味でもある、イルミネーション。

街中をさりげなく彩ったり、大規模なテーマパークで展開したりと、さまざまですが、その経済効果は数千億円規模にもなるとのこと。

もうすっかり私たちの暮らしに浸透しましたね。

そんなイルミネーションの夢を見た時、それはどのような意味を示しているのでしょうか。

今回は、イルミネーションを見る夢・イルミネーションの夜景・遊園地・デートなど様々なシチュエーション別の意味を解説いたします。



夢のシンボルとしてのイルミネーション

夢のシンボルとしてのイルミネーションは、ひらめき・幸福・転換を意味します。

何かを思いついた時、頭の中がパッと明るくなった感覚はありませんか?

このように、電気がついたり、イルミネーションの点灯はひらめきを表すのです。

漫画みたいですね。

また、光は幸福の暗示であり、心が満たされていたり、運気の上昇などの意味も表します。

そして、イルミネーションはついたり消えたりするように、人生の転換期を表す時にもこの夢を見る傾向にあるようです。

それでは、細かいシチュエーション別の意味を解説していきます。



イルミネーションを見る夢の意味

イルミネーションを見る夢の意味は、あなたの心の満たされ具合を表します。

夢の中でイルミネーションを見た時の気持ちが、そのままあなたの心の満たされ具合です。

暖かく優しい光だと感じたのであれば、あなたの心は暖かく、穏やかに安定しています。

きらびやかでとても美しいと感じた時は、心はワクワクドキドキと楽しい気持ちでいっぱいでしょう。

光が弱い・物足りないと感じたのであれば、心が満たされず、寂しい気持ちの証です。

現実とほとんど同じですね。

夢で見たイルミネーションの印象をよく思い出してみましょう。

デートでイルミネーションを見る夢の意味

デートでイルミネーションを見る夢の意味は、頭の中が恋愛でいっぱいになっている暗示です。

一途に相手の事を想っているとも言えますが、恋愛の事ばかりを考えて他がおろそかになっているかもしれません。

また、相手に依存している可能性もあります。

このままでいると、相手にとってあなたは重い存在となってしまうでしょう。

一度冷静になり、節度ある行動を心がけてみてください。

イルミネーションの夜景を見る夢の意味

イルミネーションの夜景を見る夢の意味は、疎外感・孤独感の表れです。

その夜景はどれくらい離れて見ていましたか?

その距離が、あなたにとって居心地の良いと感じる場所なのでしょう。

しかし、それは結局物事や人間関係の輪に入れていないことを示します。

居心地の良い場所にいれば傷つく事もなく安心して過ごせるかもしれませんが、それ以上何も得られません。

もう一歩踏み出して見れば新しい世界が広がるはず。

遊園地のイルミネーションの夢の意味

遊園地のイルミネーションの夢の意味は、将来の不安を暗示しています。

夢占いにおいて遊園地は未来を表しており、未来に希望を抱いているけれど不安の方が大きい状況です。

結婚や仕事、老後など未来の不安は幾つになっても尽きる事はありません。

あなたにできる事は、今を全力で過ごす事、財産(お金・経験・知識)を蓄えることです。

今を後悔せずに生きる事が、未来の不安を乗り越えていく力になります。

そうは言っても、やはり未来って不安ですよね。

私もどうしても不安感が拭えず、どうしたものかと悩んでいました。

そんな時、将来の不安を解消できるような本と出会ったのです。

ご紹介する本には、自分の能力・健康・仕事など、未来に待ち構えるさまざまな不安に対して自分がどのように向き合うべきかが丁寧に解説されています。

私も、この本を参考にしたおかげで、随分と気持ちが楽になりました。

未来に不安がある方は、ぜひご覧ください。

将来に不安を感じた時読む本ゆとりと充実の日々のために【電子書籍】[ 小林正博 ]

created by Rinker
¥460 (2020/09/27 13:23:49時点 楽天市場調べ-詳細)

イルミネーションの夜景の夢を見た人の体験談

おもちゃ会社の経理として勤務するOLの体験談です。

彼女は、幼い頃からコミュニケーションが苦手で、主張の少ない子供でした。

その性格は変わらず、大人になっても一人で居る事が多いとのこと。

ただ、それが辛いのかと問われるとそんな事はなく、一人で映画や食事を楽しんだり、職場でも周りが楽しそうに過ごしているのを遠くから見守るだけで十分でした。

ある日、会社の納涼会として、ビルの屋上で花火をする機会があったそうです。

その時も、彼女は花火には参加せず、水を用意したり、食事を配ったりと裏方に回っていました。

その日の夜、イルミネーションの夜景の夢を見たそうです。

なんとなくその夢が印象に残っていた彼女は、夢の意味を調べてみることに。

夢の意味は、疎外感・孤独感の暗示でした。

彼女は、自分自身でも気づかない内に、見守っていた人間関係の輪に入りたいと願っていたのです。

それに気づいた彼女は、勇気を出して同僚に話しかけてみることに。

すると、同僚たちも彼女と話をしてみたかったらしく、あっさりと距離を縮める事ができたのです。

彼女は夢のおかげで、自分の本当に気持ちに気づけた、と語ってくれました。

最後に

ここまで、イルミネーションの夢の意味を解説しました。

イルミネーションの夢には、ひらめき・幸福・転換といった意味があります。

心の状態を表す場合が多く、時には注意が必要なことも。

夢からのメッセージを見落とさず、正しい行動を選択できるように意識しましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする