【夢占い】マフラーを巻く・編む夢の意味とは?プレゼントを選ぶ意味も解説!




寒い季節に大活躍の、マフラー。

首元が暖かいだけで感じる寒さが段違いですよね。

防寒具としてだけでなく、オシャレなアイテムとしても評判高い、冬の定番アイテムです。

そんなマフラーが印象的な夢を見た時、それはどのような意味を表しているのでしょうか。

今回は、マフラーを巻く・プレゼント・編む・選ぶ夢の意味を解説いたします。




夢のシンボルとしてのマフラー

夢のシンボルとしてのマフラーの意味は、保護・協力者を表しています。

首や胸元に巻いて寒さや風が入り込むのを防いでくれるように、周囲の危険やトラブルからあなたは守られている状態です。

自分は何に保護されているのか、どんな危険が迫っていたのかといった事まで理解できると、今後自分の力で危険を防げるようになるでしょう。

次に、マフラーはファッションとしては必須アイテムではなく、装飾品という位置付けですよね。

この装飾品をあえて身につけることは、あなたに協力者が居る象徴です。

仕事やプライベートで窮地に立たされてしまっても、あなたを助けたり支えてくれる人の存在を暗示しています。

自分にとっての協力者は誰かのかを把握し、良い付き合いを意識してみましょう。

また、首に巻くアイテムとしては、スカーフやストールなどもありますが、マフラーと同様の意味と捉えて問題ありません。



マフラーを巻く夢の意味

マフラーを巻く夢の意味は、協力者が現れることを暗示しています。

シンボルの意味同様に、あなたが困った時に助けたり支えてくれる人の存在をほのめかす夢です。

特に仕事の面で良いことが多いでしょう。

何か新しいプロジェクトに抜擢されたり、人から高く評価されることが増える可能性があります。

夢で巻いていたマフラーが高級なものであるほど、強い協力者が現れる暗示です。

この夢を見た後は、普段よりも少し強気な姿勢で居る方が良い結果が期待出来そうですね。

<合わせて読みたい>

仕事がうまく行かない、転職したけど不安、職場の人間関係がイマイチ… などなど、社会人としては日々悩みが尽きないですよね。 日...

マフラーをプレゼントする夢の意味

マフラーをプレゼントする夢の意味は、感謝・支援の暗示です。

夢でプレゼントした相手に対して、感謝の気持ちを持っていることを示しています。

現実でも、言葉や態度でちゃんと感謝の気持ちを伝えられると良いですね。

また、プレゼントを渡した相手を助けたい・支援したいと考えている場合もあります。

損得を考えず、自分の正直な気持ちに従ってみるといいかもしれません。

ここで助けた人は、いつかきっとあなたの心強い協力者となってくれるはず。

マフラーを編む夢の意味

マフラーを編む夢の意味は、目標達成のために努力していることを表しています。

現実でマフラーを編んだことはあるでしょうか?

実際にはないとしても、ドラマや映画のワンシーンで見かけ、イメージはできるはず。

コツコツと手元を器用に動かし続けて、細い糸がマフラーになっていく過程は想像するだけで途方も無い苦労です。

あなたは、そんな苦労と同じくらい大変な努力を現実でおこなっている最中なのでしょう。

しかし、心は折れることなく継続出来ている暗示です。

夢に背中を押されたら、あともう少しだけ努力を続けてみると目標が達成できるはず。

目標達成をより現実味のある物にするために。

私はこれまで、闇雲に努力を続けていたのですが、これが遠回りをしていることに気が付けず、長い時間を無駄にしてしまいました。

そんな時、ご紹介する本で目標達成までのメソッドを学ぶと、自分の目標とどのように努力すべきかがはっきりとわかるようになったのです。

漫画で順序立てて説明されているため、大変理解しやすく、実践しようという気持ちになれるますので、ぜひオススメの一冊です。

最高の教師がマンガで教える目標達成のルール 君の夢をかなえよう!/原田隆史/北田瀧/原作temoko【1000円以上送料無料】

created by Rinker
¥1,430 (2022/11/30 09:41:25時点 楽天市場調べ-詳細)

マフラーを選ぶ夢の意味

マフラーを選ぶ夢の意味は、あなたが協力者を探していることを暗示しています。

あなたは、自分を守ったり支えてくれる人を探している状況です。

ひょっとするとトラブルの最中にあり、自分を助けてほしいと叫んでいるのかもしれません。

また、心を開いて相談できる人が身近に居ないことの暗示でもあります。

自分の本心を伝えることが協力者を得る一番の方法ですが、難しいようであれば一度そこから逃げ出すのも手でしょう。

自分が深く傷つくよりは逃げ出す方が正解となる場合もあります。

マフラーをプレゼントする夢を見た人の体験談

結婚を控えたカップルの体験談です。

二人が出会ったのは、幼稚園の頃でした。

小学校・中学・高校と同じ学校へ通い、やがて彼から告白して付き合うこととなったのです。

幼馴染として成長してきた二人は、付き合ったあとも特に大きく関係が変わることはなく、毎日幸せに過ごしていました。

大学は離れ離れになりましたが、進学と同時に同棲を始めたので、結果的に会える時間は増えたそうです。

その後も仲良く、時にはちょっとした喧嘩をしたりしながら日々を過ごしていたのですが、彼はいつしか、その状況に慣れてしまって彼女への感謝の気持ちを忘れてしまいました。

一方で、彼女はそんな彼の態度が気になっていたようです。

水面下で不穏な空気が流れ始めたある日、彼は彼女にマフラーをプレゼントする夢を見ました。

なんとなくその夢の意味が気になり、夢占いサイトで意味を調べてみたそうです。

その夢の意味は、相手への感謝・支援といった意味合いでした。

特に深くは考えなかったのですが、せっかくプレゼントの夢を見たので、日頃の感謝を込めて簡単なお菓子を花をプレゼントしたそうです。

すると、彼女は泣いて喜び、今までの思いを吐露しました。

今では、二人は日頃の感謝を忘れない相手を尊敬しあえる関係になったそうです。

最後に

ここまで、マフラーの夢について解説しました。

マフラーの夢には、保護・協力者といった意味がありましたね。

基本的には、自分の立場や状況が守られていることの暗示ですので、この夢を見た後は安心して仕事や趣味に向かうと良いでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする